エンタメ
ドラマ
2019/1/12 6:15

中村勘九郎、大河『いだてん』は「毎回ワクワクさせてくれる作品」

中村勘九郎と橋本愛が「2019年大河ドラマ『いだてん』トークツアーin青森県八戸市」に参加した。

同イベントは、NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK総合ほか)の初回放送を4K映像で楽しむパブリックビューイング。本作で“日本で初めてオリンピックに参加した男”金栗四三を演じる中村は、PV前に八戸市の本覚寺を訪れ、日本人女性初の五輪メダリスト・人見絹枝の墓の前で手を合わせた。

 

中村は「スポーツ、そしてオリンピックを題材にした大河ドラマですので、日本人女性で初めてオリンピックでメダルをとった人見さんには手を合わせたいなという気持ちがあったので、今回来られたことをうれしく思います。八戸で初回を迎えられるということにすごくご縁を感じて、力になりました」と。

 

「(墓参りの際)人見さんに『いだてん』の作品の説明、金栗四三さんを演じる勘九郎ですという自己紹介とこのドラマを通じて人見さんが人生を捧げたスポーツについて知っていただき、スポーツを始めてみようと思っていただけるような作品にしたいので、どうか見守っていてくださいという話をしました」と語った。

 

『いだてん』は1912年のストックホルムオリンピックから1964年の東京オリンピックまでの半世紀を描き、2020年の東京オリンピックへと盛り上げていく。中村は「撮影は9か月目になりますが順調です。これが2020年の東京にバトン・たすきがつながるような作品になればいいなと思っています。形だけではなく日本人の心、スポーツを愛する心が2020年につながっていくといいですね」と期待を寄せた。

 

パブリックビューイングでは、本作で浅草の遊女・小梅を演じる橋本が中村の印象について「宮藤さんの書く金栗四三さんそのままという印象があって。ピュアで、暖かみがあって、こう言ったら失礼かもしれませんが、可愛いです」と。一方、中村は橋本について「パワフルというか、すごいオーラです。見た目の可愛さと中身の力強さのギャップがいいですね。まだまだ小梅ちゃんには秘密がありますので、それは放送を見てください」と。

 

作品の見どころについては「第2回(1/13(日)放送)以降は金栗さんの生まれてからの物語がスタートして、金栗さんがマラソンにどうやって出会うのか、そして浅草のメンバーや志ん生さんとどう関わっていくのかが描かれていきます。毎回ワクワクさせてくれる作品なので、ワクワクしながら見てほしいと思います」と中村。橋本は「このドラマはかっこいい人たちが全員可愛く見える不思議な魅力があって全員チャーミングなんです。一人で『可愛い!可愛い!』と叫びながら見ているくらいなので、皆さんもそのかわいさを感じ取っていただきたいです」と語った。

 

大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』
毎週日曜日
NHK総合 後8・00~8・45
BSプレミアム 後6・00~6・45
BS4K 前9・00~9・45

 

©NHK

TAG
SHARE ON