エンタメ
映画
2019/1/20 6:15

斎藤工×白石和彌「麻雀放浪記2020」特報映像解禁

4月5日(金)公開の映画「麻雀放浪記2020」の特報映像が解禁された。

本作は、不朽の名作として、今なお読み継がれている阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説「麻雀放浪記」を、和田誠監督の映画化以来、35年ぶりに再び映画化。原作を原案とし、そのスピリットを受け継ぎながら、設定もキャラクターも大胆にアレンジする。

 

主演は、映画版『麻雀放浪記』を生涯ベストの1つと公言している斎藤工。斎藤は10年の歳月をかけて映画化を熱望し、ついに念願がかなって実現。1945年から2020年へとタイムスリップしたギャンブラー“坊や哲“を演じる。メガホンをとるのは『凶悪』(13)、『孤狼の血』(18)などを手掛けた白石和彌。

 

解禁された特報映像は、戦後、焼け野原となった東京をさまよう“坊や哲”の後ろ姿から始まる。その行く先に映し出されるのは、レンガ造りの建物。看板には「OXCL」(オックス・クラブ)の文字が。タバコの煙が立ち込める中、男たちが博打に命を賭けている様子が克明に描かれる。

 

しかし、突如として【伝説の傑作小説よ、さらば。】という高らかな宣言とともに、舞台はモノクロの1945年から2020年へと変わる。

 

そこにサブリミナル的に映し出されるのは、予想を上回る東京の姿。煌々とした光に包まれる謎の闘技場、朽ち果てた2020年東京五輪のポスター、核爆発、死亡事件を報じる新聞記事、未来的な研究所、覚醒するアンドロイドの眼、慟哭する“坊や哲”…。

 

“坊や哲”はなぜ2020年の未来へとやって来たのか。そこでは一体、何が起こっているのか…。

 

https://youtu.be/bxCKoH3XCrM

 

「麻雀放浪記2020」
4月5日(金)全国ロードショー

 

<ストーリー>

主人公・坊や哲がいるのは、2020年の“未来”。人口は減少し、労働はAI(人工知能)に取って代わられ、街には失業者と老人があふれている…。そしてそこは“東京オリンピック”が中止となった未来だった…。嘘か?真か!?1945年の“戦後”からやってきたという坊や哲が見る、驚愕の世界。その時、思わぬ状況で立ちはだかるゲーム“麻雀”での死闘とは!?

 

原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)
キャスト:斎藤工、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、的場浩司、岡崎体育、堀内正美、小松政夫/竹中直人 ほか
監督:白石和彌

 

企画:アスミック・エース
制作:シネバザール
配給:東映

TAG
SHARE ON