エンタメ
CM
2019/2/16 15:15

「ハッピーかい?」夏木マリがIndeed×「ONE PIECE」で139歳Dr.くれは役に挑戦!

2月14日に東京・六本木ヒルズで、求人検索エンジン「Indeed」とアニメ『ONE PIECE』のコラボレーションCM検索連動企画「チョッパー 助手」プレス発表会が行われ、Dr.くれはに扮した夏木マリが登壇した。

 

 

イベントは、麦わらの一味のチョッパーの依頼で、冬ドラム王国の奇跡“ヒルルクの桜”を再現するため、Indeedで助手を募集。選考で選ばれた100人が、Dr.くれはと一緒に奇跡を再び起こすという内容。

 

夏木はDr.くれはに扮することについて「『ONE PIECE』には根強いファンがたくさんいるので、ファンの方に納得していただけるよう、寄り添いたい」と語った。さらに、好きなことを仕事にして“ハッピー”になるコツについて「好きだけじゃダメ。そのことに向かって行動すること。行動が伴って初めてハッピーになれると思う」とコメント。さらに「ただし、最後に自分に聞いてほしいのは『ハッピーかい?』ってこと」と、Dr.くれはのセリフをなぞりつつ、アドバイスを送った。

 

さらに、Indeedで検索してみたい仕事について「ドクター役を演じたことがあるので、医療関係に携わって、困った方に手を差し伸べたい」と語りつつ「夏木としては、普通の人間の役を検索したい。人間じゃなかったり、人間離れした役が多いので」と本音を明かし、会場に集まった観客を笑わせた。

 

そしてイベント最後に、チョッパーの助手10人が登場し、見事にヒルルクの桜を開花させた。幻想的な雰囲気に包まれると、夏木は「素晴らしい」と笑顔で拍手を送った。