エンタメ
映画
2019/3/20 22:15

はなわ「弁護士を入れて歌詞を改良した」映画「翔んで埼玉」主題歌裏話

テレ玉(テレビ埼玉)の「開局40周年記念事業 記者発表会」にはなわが登壇し、大ヒット中の映画「翔んで埼玉」の主題歌「埼玉県のうた」などを披露した。

「僕とほぼ同い年のテレ玉さんには、昔からお世話になっておりまして、節目の年に携わることができてうれしく思っています」とあいさつしたはなわは佐賀県出身と思われがちだが、実は埼玉県春日部市出身。この日は、同局の40周年記念ソングに起用された「咲きほこれ埼玉」を披露し「出生地って特別で埼玉県に仕事で行ったりすると、“この街に親が住んだことによって僕が生まれたんだな”って考えるようになりまして、ここ数年、埼玉県に恩返ししないといけないなとずっと思っていました。今回チャンスが来たので運命のような気もしてるんです!」と喜びを語った。

 

この日は、現在大ヒット中の映画「翔んで埼玉」の主題歌「埼玉県のうた」も披露。「最初はドッキリなんじゃないかと思っていたくらい反響がすごくて。『佐賀県』がヒットした時も“佐賀!SAGA!”とか声をかけられたんですけど、昨日子供に(同曲の歌詞にある)“ダンダンダン”って話しかけられました」と驚いている様子。同曲は、1stアルバム「HANAWA ROCK」(03年)に収録されていたもので、武内英樹監督が発掘し「映画のぴったり!」だとオファーされたとのこと。「映画の主題歌なんて千載一遇の好機。当時の歌詞はネタで書いていたので、埼玉県を改めて回ったり、弁護士さんを入れてちゃんと事実確認をしてしっかり使えるネタにしました。4割ぐらいは変えましたね(笑)」と裏話を明かした。

 

また、紅白出場については「埼玉県が盛り上がれば盛り上がるほど、そういう話になっていくんじゃないかと思う。映画の大ヒット、そして歌もヒットして埼玉を盛り上げたい!」とし、「大宮駅前から中継したい」と意気込んだ。

TAG
SHARE ON