エンタメ
CM
2019/4/21 6:30

乃木坂46・齋藤飛鳥、与田祐希、生田絵梨花、山下美月、秋元真夏が「ファンタ坂学園」に入学

「ファンタ」の新キャンペーンスタートに先立ち、「ファンタ坂学園」入学式が開催され、乃木坂46から、齋藤飛鳥、与田祐希、生田絵梨花、山下美月、秋元真夏が登場した。

齋藤が「『ファンタ』のように弾ける楽しさがある学園生活を送っていきたいと思います」とあいさつし「ファンタ坂学園」入学式がスタート。

 

生田は「ファンタ坂学園」に入学することになった意気込みを聞かれると「昔から誕生日会などではいつもファンタがあったので、関わることができて今からワクワクしています」と。

 

入学式では、4月23日(火)から放映される新CM「ファンタ坂学園 変顔ボトル」篇を放映。CM撮影時の感想を聞かれると、生田がせりふを間違えてしまったことを明かし「飛鳥先輩に小突かれたんですよ」と話し、会場を笑わせた。

 

各組でお互いにぴったりだと思う「ファンタ」ハジける変顔ボトルを選ぶと、与田は齋藤にかわいらしい顔がデザインされたボトルをチョイス。理由として「いつもはクールだけど、甘いものを食べるときはニコニコしているので、ずっとその表情でいてほしい」と語った。

 

それを受けて、齋藤は「与田ちゃんはかわいいけれど、いつものおどおどしている姿を見せてほしい」と、白目をむいたボトルを渡して会場とメンバーの笑いを誘った。

 

イベントでは、グレープ、オレンジ、レモンの3つの組に分かれ、ボトルを使って一番盛り上げた演技を競う“クラス対抗変顔対決”を行うことに。

 

新生活が始まる季節に新しい友達と仲良くなるきっかけのシーンで、乃木坂46のメンバーがクラスごとに異なるテーマで競うこの対決。判定員として、メイプル超合金の安藤なつ、カズレーザーが登場。いつもの赤いスーツに「ファンタ」をイメージしたというオレンジを差し色に入れたカズレーザーに対し、安藤はいつもどおりの紫色の衣装で、カズレーザーも思わず「リアル『ファンタ グレープ』だな!」とツッコんだ。

 

最初にチャレンジするグレープ組のテーマは「新学期、となりの席になった子と仲良くなりたいとき」。隣の席の与田と仲良くなりたい齋藤がかわいすぎる演技を披露し、カズレーザーも「これはお金を取れる演技ですね!」と絶賛。しかし「齋藤さんの顔が小さすぎて、ボトルのサイズがあっていない」という減点ポイントも。

 

最後に演技を披露したレモン組は、秋元と安藤の「なつなつコンビ」。安藤が「Yeah!!」とボトルを片手に絶叫するなど強烈な演技を披露した結果、優勝は安藤のレモン組となった。

 

カズレーザーは「結局リアル『ファンタ グレープ』の強烈さが一番でしたね」と優勝の理由を発表。齋藤が不満そうに「見た目が『ファンタ グレープ』みたいなだけなのに…」とつぶやき、会場から笑いが起こった。

TAG
SHARE ON