エンタメ
タレント
2019/5/24 15:15

編集長・スタッフが絶賛!“リアル峰不二子”と称される小倉優香がファッション誌「with」のレギュラーモデルに

マンガを原作としたドラマ『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』にて清水谷竜華を演じたモデル・女優の小倉優香が5月28日(火)に発売するファッション誌「with」7月号からレギュラーモデルとなることが明らかとなった。

 

 

小倉は167cmという高身長に加え、キックボクシングで鍛えたというきゅっと上がったヒップラインに、引き締まった長い手足とファッションモデルとしても恵まれている体型で“リアル峰不二子”と称されている。33万を超える自身のInstagramのフォロワーは3割近くが女性と、同性からも支持を集めている。また、「水着だけではもったいない。いろんな洋服が着こなせる理想的なモデル体型」とスタッフからも絶賛の声が上がっているという。

 

記念すべきモデルデビュー企画は、彼女のスタイルの良さを活かした最新トレンド水着とビーチファッションがテーマ。撮影したカメラマンは「グラビアで培われた表現力はピカイチ」とコメント。「with」8月号では他のwithモデルと一緒にファッション企画を撮影するなど、ファッションモデルとしての実力を磨いているところとのこと。この度、with編集長と本人からのコメントが到着したので紹介する。

 

with編集長・北原かおるコメント
「小倉優香さんの第一印象は、とにかく「脚が長い!」。まずはそのスタイルの良さにただただ圧倒されました。お話を聞いてみると、グルテンフリーの食事や、水泳、キックボクシングなどカラダづくりもストイックにしているとのこと。天からのギフトにさらに磨きをかけるべく努力を重ねる姿に心を動かされ、レギュラーモデルとしての登場をオファーした次第です。モグラとして活躍されている方は多数いらっしゃいますが、人一倍向上心の強い彼女が「グラビアモデルNo.1からモグラNo.1」へと成長する日もそう遠くないと確信しております」

 

小倉優香コメント
withさんから、かねてから憧れていたファッションモデルとしてお仕事をいただけたことをとても嬉しく思っています! 今までにたくさんのモデルさんたちに憧れていた私なので、今度は私自身がかっこいいモデルになって、憧れてもらえる人になれるように頑張ります!

 

プロフィール
小倉優香(おぐら・ゆうか)1998年9月5日生まれ。モデル、女優。2017年「ヤングマガジン」に初登場で初表紙の快挙を成し遂げブレイク。女優としての活動の幅も広げ映画『レッド・ブレイド』で主演を果たし、現在はMBSドラマ『都立水商!~令和~』に出演している。大迫力の8頭身ボディで“リアル峰不二子”の呼び名も。「with」7月号からwithモデルとして活躍。

 

講談社with Ⓒ三瓶康友