エンタメ
アニメ
2019/6/28 15:15

押井守総監督の最新アニメ『ぶらどらぶ』発表!高槻かなこがメインボーカルを務めるユニット・BlooDyeが主題歌に決定

押井守の新作アニメ製作記者発表会が、6月26日(水)に行われ、タイトルが「ぶらどらぶ」に決定したことや、公式アンバサダーとして高槻かなこがメインボーカルを務めるユニット・BlooDyeに決定したことが発表された。

 

 

イベントには、押井守と西村純二が登壇。押井は「かれこれ6年くらい前に、パパッと作った企画ですが、ようやくアニメ化にこぎつけました。私がシリーズをやるのが『うる星やつら』以来。30数年ぶり。それ以降シリーズをやらないと決めていましたが、ここ数年で気が変わって、やりたいと言っていたところ、やらせていただくことになりました。動き始めて、まず西村くんを口説き落とすところから始めました」とコメント。一方、監督を務める西村は「押井さんとは『(うる星やつら2)ビューティフル・ドリーマー』のとき以来です。あのときは楽しかったので、今回もと思って参加することにしました。押井さんのシナリオは全部上がってるのですが、全部危ない(笑)。押井さんは『コンテはまだか』と言い始めてるので、私が泣きながら書くところです」と明かした。

 

さらに、作品については、吸血鬼の少女と女子高生の織りなすドタバタコメディとの紹介を受けて、押井は「基本的には女の子の物語で、イケメンは出てきません」と説明。「吸血鬼の女の子は、『うる星やつら』のラムちゃんみたいな感じで、名前は“マイ”。若い女の子がメインですが、保健の先生は100パーセント私の好みです」と笑わせつつ、「久しぶりに若い女の子たちの物語を真面目にやりたい。ガール・ミーツ・ガール。基本的には、女の子に見てほしい。(スタッフに)オールドボーイが揃っているので、50歳から上のオヤジたちも面白がってもらえるかな」と、キャラクターラフを公開しながら語った。また西村は「ちょっと引いたりせず、勝負をかける気合いでやりたい。結構、面白いものができるんじゃないかと思います」と意欲を見せた。

 

さらに、公式アンバサダーに決定したBloodyeが登壇し、スターティングソング「この地球(ほし)の何処かで」を披露。主題歌を歌うことも決定しており、高槻は「一緒に盛り上げられたら」とコメント。今後は月に一度ファンミーティングを開催するなかで、アニメの情報も発表していくと明かした。

 

アニメ『ぶらどらぶ』は、2020年春に放映予定。

 

 

〈「ぶらどらぶ」概要〉
原作・総監督:押井守
監督:西村純二
キャラクターデザイン:新垣一成
脚本:押井守・山邑圭
音楽プロデューサー:Daisuke’DAIS’Miyachi
制作:株式会社コミックアニメーション
アニメーション制作:株式会社ドライブ
アニメーション制作協力:株式会社プロダクション・アイジー
製作:いちごアニメーション株式会社

 

『ぶらどらぶ』公式サイト
www.ichigo-animation.com