エンタメ
バラエティ
2019/7/28 6:30

出川哲朗「ポジティブになれる番組」『恥の王様』7・31放送

7月31日(水)に、出川哲朗がMCを務める『恥の王様 恥の数だけ人生が豊かになる』(MBS)が放送される。放送に先駆け、出川が囲み取材を行った。

この番組は、各ジャンルの第一線で活躍するゲストそれぞれの、人生の肥やしとなった赤っ恥体験を語ってもらい、再現ドラマにしてスタジオトークを展開するバラエティ。進行役の吉村崇(平成ノブシコブシ)と共に一流芸能人の恥をまとめ上げるのは、“恥の王様”出川哲朗。泣けるほど恥ずかしかったアノ過去の記憶が、不思議と明日への活力に変わる瞬間に注目だ。

 

収録を終えた出川は「恥の番組だったんですけど、出てる人がみんな前向きな人たちだったんで、すてきな感じになったと思いますね。最初、恥の番組って聞いてふざけた感じなのかなと思いましたけど、結果終わってみたらポジティブになれるような番組でした」と振り返った。

 

恥を恥と思ったことは一回もないと語る出川は「恥からやっぱりみんな成長できるし、恥から覚えるんで。あと、僕らの場合は仕事が特別なんで、やっぱり『恥=おいしい』ってなっちゃうんです。でも実際いっぱい恥かいてきて、みんなにも応援していただけるようになったので、まさに番組のコンセプトと僕はちょうどあってたなと思いますね。MC力とは関係なくね!」と笑いを誘った。

 

さらに、恥をかいたときの対処法を「僕はもう笑ってごまかします。とにかく自虐にしちゃって笑いに変えちゃいます。だから僕らの仕事って素晴らしいと思うんです。俺らの仕事というか、僕自身の生き方というか、仕事じゃないところでも結局恥かこうが何だろうが笑いに変えちゃえば人生OKだと思っています。つらいことがあってもあの時ああだったなって、わははって笑えたらもう最高だと思うんで。だから、恥かいても別も落ち込むなんてことはないですね」と無敵発言。

 

また番組のゲスト・貴乃花について「ひな壇にいるのも考えられないけど、ひな壇よりも前に出されてのツーショットトーク。勘弁してくださいよっていったんです。緊張しちゃうししゃべれないし、でも結果あんなチャンスないので、二人並んでる絵ってなかなかないのでうれしかったですね。まあ、実際トークしてたのは吉村だったんですけど(笑)。僕は座ってツーショットになるだけでも十分うれしかったです」と共演の喜びを語った。

 

そして、最後に「貴乃花さんにも出てもらって、さらにすごい立派な人に集まってもらったんで、もったいないなっていったら大阪の人に申し訳ないけど、東京に人にも見てもらいたいなって思いましたね。ADの子に、『出川さんこんだけの人集めるってローカルではないですからね頼みますよ』ってハッパかけられたんで(笑)。僕も東京の方に機会があれば見ていただきたいなって思いました」と番組をPRした。

 

『恥の王様 恥の数だけ人生豊かになれる』
MBS
7月31日(水)後8・00~9・57

 

©MBS

TAG
SHARE ON