エンタメ
ドラマ
2019/9/5 6:15

片岡愛之助『ドクターX』スピンオフで本格的な外科医役に初挑戦

片岡愛之助が、10月6日(日)放送のテレビ朝日系『ドクターY~外科医・加地秀樹~』に出演する。

本作は、10月から第6期がスタートする米倉涼子主演『ドクターX~外科医・大門未知子~』((木)後9・00)のスピンオフシリーズで、勝村政信演じる腕はいいが金に汚い「腹腔鏡の魔術師」こと外科医の加地秀樹が主役。初の地上波2時間スペシャルとなる今作では、7年前のある手術が原因で加地にとんでもない波乱がもたらされる。

 

愛之助が演じるのは、「脳外の魔術師」ことすご腕だった元脳外科医・木田光彦。加地とは「帝都医科大学付属前橋第27分院」で同僚だったが、ある事情から医師を辞めて現在はラーメン店を経営。加地に関して“ある秘密”を握っている役どころだ。

 

愛之助は過去に精神科医役を演じた経験はあるが、本格的な外科医役は初挑戦。「最初は『ドクターX』のほうかと思ったのですが、『ドクターY』のほうでしたね(笑)」と言いつつも、「また新たな役どころを頂いたことに胸を躍らせています」と気合十分。勝村には「ガッツリご一緒してお芝居をするのは初めてだったのですが、画面から感じるお人柄通りの優しくてユーモアに富んだ方でした」と信頼を寄せている様子。

 

そんな愛之助に勝村も「本当にいろいろ力を貸していただきました。周りのスタッフや僕にまで気を使ってくださって…とても心強い存在でした」と感謝し、「愛之助さんはそんなに手術シーンをやったことがないとおっしゃっていたので、手術シーンは注目ですよ。何しろ目ヂカラがすごいですからね(笑)」と語っている。

 

<片岡愛之助(木田光彦・役)コメント>
出演が決まったときは「あの『ドクターY』に出られるのか」とびっくりもしましたし、うれしくもありました。最初は『ドクターX』のほうかと思ったのですが(笑)、『ドクターY』のほうでしたね(笑)。
これまでに精神科医を演じたことはありましたが、このような医療モノで、脳外科医といった役をやるのは初めてなので、また新たな役どころを頂いたことに胸を躍らせています。
勝村政信さんとこうしてガッツリご一緒してお芝居をするのは初めてだったのですが、画面から感じるお人柄通りの優しくてユーモアに富んだ方でした。
『ドクターY』は皆さんご存知のとおり、とても楽しい、肩肘張らずに見られるドラマです。どの世代の方が見ても楽しめますし、感動して、泣けて、考えさせられて…とても良く出来ているドラマだと、出演している身でも思います!
スペシャルな2時間になっていますので、ぜひご家族皆さんでお楽しみください。

TAG
SHARE ON