エンタメ
映画
2019/9/25 6:15

=LOVE齊藤なぎさ、初主演映画に自信「全部見てください!」

10月25日(金)公開の映画「夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風」の公開に先駆け、齊藤なぎさ「ナツヨゾラ」初主演&公開記念イベントが開催された。

本作は、春夏秋冬4つの物語をテーマにしたオムニバス映画。「福岡県芦屋で映画を作ろう」という想いから企画が始まり、町民による芦屋町映画制作実行委員会が発足。小道具や大道具作り、見物人の整理や炊き出しなど、多くの町民がボランティアとして制作を手伝い、町の全面協力の下、映画が完成した。4つの物語すべての監督を務めたのは、深作欣二監督、若松孝二監督らが主催する「映像塾」で映像制作を学び、映画「女子カメラ」「風のたより」を手掛けたほか、MVやCMでも幅広く活躍する向井宗敏。

 

イベントには、齊藤なぎさ(=LOVE)、宮世琉弥、向井宗敏監督に加え、=LOVEのメンバー(齋藤樹愛羅、佐竹のん乃、野口衣織、諸橋沙夏、山本杏奈)が登壇。齊藤は「たくさんの方が見に来てくださってうれしいです!」とあいさつし、=LOVEのメンバーが登場すると「みんなありがとう~」と和やかムードで舞台あいさつがスタートした。

 

=LOVEのメンバー5人はそれぞれ本作の感想を語り「守ってあげたくなる映画だ」「芦屋町に一度は行ってみたい!」「スクリーンに映った姿を見てあらためて尊敬、いつもと違った表情にぐっときた」「キャッチボールのシーンだけすごくひやひやした(笑)」と齊藤なぎさを絶賛。

 

メンバーの言葉を受け、齊藤なぎさは「恥ずかしい気持ちもあるけれど、うれしい言葉ばかりですし、メンバーが駆け付けてくれてすごうれしいです!」と喜んだ。

 

ものすごく緊張しているという宮世は、緊張をほぐすため「一発やっていいですか?」と、観客と「皆さん盛り上がってますかー!!」のコールアンドレスポンスを数回にわたって行い、向井監督に「舞台あいさつでこれやったの初めてだよ!」とツッコまれた。

 

本作の見どころについて、齊藤なぎさは「優しく自然体でいいよって監督が言ってくださったのでやりやすかったし、バレーも芦屋町の人たちに教えてくださったりしました。恋って分からない部分が多くて、恋の映画とかドラマをたくさん観て勉強したので、全部見てください!」と話し、宮世は「かわいいなぎささんと僕を見てください!」と。

 

向井監督は一つだけどうしても話したいことがあると切り出し「告白するシーン、ゆみ(役名)好きだよっていうところを、なぎさ好きだよって耳元で言っちゃって、普通になんか告白してたんですよ!」と裏話を暴露。

 

宮世は「初めましてなので、名前も覚えなきゃだし、せりふも覚えなきゃだし…必死だったんです!」と弁解し「すごく2人とも人見知りで壁がすごくあって…緊張しすぎてどうしたら仲良くなれるかばっかり考えていた」と映画初出演同士の苦労話を披露した。

 

向井監督は「ナツヨゾラ」は男性主演で書いていたが、齊藤なぎさの舞台を観てすごい子がいる!と思い、脚本を書き換えたと話し「撮影当時は中学生の歳のお話だったので、なぎささんはナチュラルだったし、せりふを急に変えるとなっても全然台本の確認もしなくてもいけるし…」と絶賛。

 

宮世については「琉弥をかっこよく見せたいから脚本を変えたところもあったけど、台本はたくさん見てたな!」とイジり、会場を和ませた。

 

最後に向井監督は「4作品通して見ていただくと芦屋町の良さが伝わってくると思うし、ストレートに前向きに作った作品なので、ちょっとでも皆さんにとってプラスになるものがあればうれしいです!」と。

 

宮世は「初映画だったのですごく緊張しましたが、4つの作品みんな違った感情が含まれているので、ぜひ映画館でじっくりと観てください!」とPR。

 

齊藤なぎさは「たくさんの方に観ていただけて、メンバーも駆けつけてくれて、すごく幸せな気持ちになりました。もっとたくさんの方に広がって何回も本作を観てくださったらうれしいです!」とメッセージを送った。

 

映画「夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風」
10月25日(金)全国公開

企画・監督:向井宗敏
脚本:向井宗敏・三谷伸太朗
プロデューサー:伊藤正美 松本光司 仲山雅也
撮影:吉沢和晃 照明:本間光平 録音:高島良太
美術:山下修侍「ナツヨゾラ」「冬のふわふわ」西岡萌子「時々もみじ色」「桜咲く頃に君と」
衣装:石橋万里「ナツヨゾラ」匂阪真人「冬のふわふわ」人見千紘「時々もみじ色」「桜咲く頃に君と」
音楽:栗本修
製作:「夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風」製作委員会
制作:株式会社DEXI

©2019「夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風」製作委員会

TAG
SHARE ON