エンタメ
映画
2019/9/30 22:30

宮沢りえがアニメ映画「ぼくらの7日間戦争」に出演!約30年後の“中山ひとみ”演じる

12月13日(金)公開のアニメ映画「ぼくらの7日間戦争」に、1988年公開の実写版『ぼくらの七日間戦争』に主演した宮沢りえが出演することが分かった。

原作『ぼくら』シリーズは、累計発行部数2,000万部突破の宗田理の大ヒット小説シリーズ。1988年に、宮沢りえの女優デビュー&初主演作として実写映画化された。

 

公開されるアニメ映画「ぼくらの7日間戦争」は、宮沢が演じた中山ひとみが廃工場に立てこもり、大人たちをやっつけた少年少女たちの“七日間戦争”から30年ほどの時が流れた2020年の北海道を舞台に、原作のスピリットを受け継いだ新たなストーリーがアニメで展開される。本作で宮沢は、約30年後の“2020年の中山ひとみ”を演じる。

 

<村野監督 宮沢りえ起用理由コメント>

原作でも映画でも、大人たちはインチキなだけではない存在でした。
そこには必ず子供の味方に立ってくれる、大人側の良心を映し出したすてきな女性の姿がありました。
かつての映画で中山ひとみを演じられた宮沢りえさんが、まさにそういった役柄で「7日間戦争」に戻って来てはくれないだろうか…それは脚本段階からの一番の関心ごとでした。
快諾してくださった宮沢さんは、実写とアニメの垣根を越えて、時代を超えて、中山ひとみとしてスクリーンに戻ってきます。
時代が変わり子供たちを囲む環境に変化が訪れたとしても、きっと変わらぬ何かがあるはず―――決して色褪せない永遠の少女像である中山ひとみは、それを誰よりも説得力のある言葉で伝えてくれます。
そしてそれこそが、「7日間戦争」から「七日間戦争」へ贈る最大限の敬意になると考えています。

 

<宮沢りえ コメント>

ささやかな出演ですが、中山ひとみ役として参加させていただきました。
私のデビュー映画「ぼくらの七日間戦争」が当時観てくださった方の記憶に刻まれたように、時代を超えて新たに息吹を与えられたアニメーション「ぼくらの7日間戦争」も皆さんの心を揺さぶる事が出来ます様に。
ぜひ映画館の大画面でお楽しみください。

 

映画「ぼくらの7日間戦争」
12月13日(金)公開

<キャスト>
北村匠海 芳根京子/宮沢りえ(特別出演)/潘めぐみ 鈴木達央 大塚剛央 道井悠 小市眞琴 櫻井孝宏

原作:宗田理『ぼくらの七日間戦争』(角川つばさ文庫・角川文庫/KADOKAWA刊)
監督:村野佑太
脚本:大河内一楼
制作:亜細亜堂
配給:ギャガ KADOKAWA
製作:ぼくらの7日間戦争製作委員会

<ストーリー>

いつもひとりで本ばかり読んでいる、鈴原守。片思いの相手は、お隣に住む幼なじみの千代野綾。しかし綾は、一週間後に議員である父親の都合で東京へ引っ越すことを迫られていた。「せめて、17歳の誕生日は、この街で迎えたかったな」。やり場のない綾の本音を聞き、守は思い切って告げる。「逃げましょう……っ!」。
綾の親友・山咲香織をはじめ、明るく人気者の緒形壮馬、ノリのいい阿久津紗希、秀才の本庄博人までもがこの逃避行に加わり、駆け落ちを夢見ていた守は拍子抜けするが、特別な夏の始まりには違いなかった。もはや観光施設にも使われていない古い石炭工場を秘密基地に、ただ7日間、大人から隠れるだけのバースデー・キャンプ。それは、少年たちの精いっぱいの反抗。だがその夜、工場に潜んでいたタイ人の子供・マレットと出会ったことで、事態は想像もしなかった方向へ。不法滞在で入国管理局に捕らわれかけていた所を間一髪助けると、はぐれた家族を探しているのだと、守たちに打ち明けた――。
2日目の朝、今度は武装した入国管理局の職員が、マレットを連れ去りにハンマーを振りかぶり工場へ突入してきた。
守は、仲間たちの協力のもと、敵の撃退作戦を決行する!

TAG
SHARE ON