エンタメ
ドラマ
2019/11/4 6:30

宮﨑あおい「尊い時間だった」石井ふく子ドラマ『あしたの家族』で瑛太、松坂慶子、松重豊と共演

2020年1月に新春ドラマ特別企画として、『あしたの家族』(TBS系)が放送される。その制作発表に、石井ふく子プロデューサー、宮﨑あおい、瑛太、松坂慶子、松重豊が登壇した。

本作は『渡る世間は鬼ばかり』の石井ふく子プロデューサーが手掛ける、新年にふさわしい、明日に希望を感じられるような家族の物語。石井作品に2度目の登場となる宮﨑あおい、宮﨑の恋人役で瑛太、宮﨑の母親役で松坂慶子、父親役で松重豊が出演する。瑛太と松重が石井作品に出演するのは今回が初めて。

 

宮﨑演じる小野寺理紗は、4年前の結婚式当日に新郎に逃げられた過去を持つ。父・俊作(松重)と母・真知子(松坂)は娘夫婦と同居するために大きな二世帯住宅を建てたのだが、思惑が外れ、広い家に両親と理紗の3人で暮らしている。ある日、理紗はプロポーズされたと、恋人の兵頭幸太郎(瑛太)を家に連れてくる。その顔を見て俊作は驚く。幸太郎は職場の元部下で、しかも現在は自分の上司となっていたからだ。娘の結婚を祝福したいものの、上司と同居できるものか俊作は悩む。

 

俊作の幼なじみの居酒屋主人役に六平直政、その別れた妻で真知子の友人でもあるフラワーアレンジメント教室の経営者を一路真輝が演じる。脚本は『大好き!五つ子』を手掛けた浪江裕史のオリジナル作品で、石井プロデューサーと初タッグを組む。

 

会見で石井プロデューサーは「今、家族の問題を取り上げるのは難しいですが、それでもTBSへ入ってから60年、家族の話しかできません。昨日クランクアップしたのですが、私も一緒に家族の中に飛び込ませていただきました」とあいさつ。

 

主人公の理紗を演じる宮﨑は「石井さんにお声がけいただいて、『あにいもうと』でもお世話になりました。今回もまた声を掛けていただけて、石井さんに誘っていただいたら、これはもう私の中でやらないという選択肢はもちろんなくて、『ぜひやらせていただきたいです』と返事をさせていただきました」と語った。

 

共演者については「松重さんとは約20年ぶり、瑛太君と松坂さんとは約10年ぶりにお芝居をさせていただけるということで本当に楽しみにしていて、なんだか続けてこれて、こうやってお仕事ができる環境があってとても幸せだなっていうのをあらためて感じながら撮影をしていた日々でした」と明かした。

 

この作品を通して感じたこととして「石井さんが(作品に関わった人たちのことを)“家族”とおっしゃっていたんですが、私もクランクアップをした時に、今回撮影期間が短かったんですが、その短い時間、ぎゅっと集まって、みんなでいいものを作ろうと一つの目標に向かって集まって、すべての撮影が終わったら、パーっと散っていくような。ほんの一瞬だけど、作品を作るって家族になることなんだなと、あらためて昨日感じて、尊い時間だったなと感じました。ぜひ作品を楽しみにしていただけたらなと思います」と語った。

 

瑛太は「石井ふく子さんにキャスティングされたという時点で、本当に20年近く俳優をやってきた中で、とても幸せなことだなって思って、すごく現場が楽しみでした。台本を読んでみても、いろいろな作品がある中で、すごくストレートで、とても気持ちのいい作品だなと。こういった作品に出たかったし、こういう作品を観たかったという気持ちで、本当に楽しみでした」とオファーを受けた喜びを明かした。

 

また「僕が演じる幸太郎っていう役は、宮﨑あおいちゃん演じる理紗の婚約者で、松重さん演じる俊作さんの元部下。お仕事を熱心にする人間で、どんどん昇格していってしまって、松重さんを超えてしまうという、とても難解な役なんです。これまで松重さんと松坂さんとは何度かご一緒したことがあるんですけど、すごくいい意味で緊張感を持って演じることができました。あおいちゃんとは、15、6年前に映画でご一緒させていただいて、その時もあおいちゃんのことが大好きな設定で、高校生の恋愛だったんですけど、成就せず、その後の大河ドラマでもあおいちゃんが好きで、ずっと追いかけてたけど成就せず。今回は、台本を開いてみたら、もう婚約するところまで行ってると。15、6年かけてやっと、あおいちゃんと恋人関係に、そして、結婚まですることにたどり着いた。本当にありがとうございました」と語ると、宮﨑は隣で笑顔を見せた。

 

松坂は「真知子さんは、本当にすてきな専業主婦で、私もこんなふうになりたいな、家をこんなふうに家族が帰ってきて、安らぐような場所にできる、そんなお母さんだったらすてきだなって。本当に私の今後の生活にも参考にさせてもらうことがいっぱいあるお役でした」と語った。

 

さらに「私は台本を頂いて、楽しくて、明るくて、そして切なさもあって、石井先生のおっしゃっていた、そういうものが込められたご本で、すてきだなと読ませていただいたんですけども、1つとっても心配なことがありまして、私が酔っぱらうんですね。それで、松重さんがおんぶしてくれるところがあるのが、ずっと心配で。ちょっと減量もしてみたんですけど、あまり成果もなく、本番の夜を迎えたんですが、驚くことに軽々とおんぶしてくださって、それでちゃんと私の足が着地するまで、ちゃんとかがんですっとおろしてくださって。松重さん、こんなスマートなのに、すごい筋力の持ち主なんだって、すごいビックリして、ますますお父さんを好きになりました(笑)。新春に、ご家族みんなで見ていただいて、温かい気分になれるドラマだと思います」と語った。

 

松重は「別に私が力持ちなわけではなく、松坂さんが軽いということだけでございます」と場をなごませ「僕も石井先生と一緒のひとりっ子でして、子供のころ、ひとりっ子だと争う兄弟もいないものですから、ドラマと言ってもドンパチやったり、切ったはったやったりするものよりも、実は心底ホームドラマが好きでして。みんなが『太陽にほえろ!』の話をしている時も、昨日の『ありがとう』の話をしているくらいの、ちょっと内向的な少年だった。ひょんなことで俳優というお仕事を初めて、ふと鏡を観た時に、僕はホームドラマに出る顔ではないということに気づきまして、それから20数年、ヤクザ、刑事を中心に、時間帯で言うと、深夜深い時間を中心にしてきたんですけども、本当にこのタイミングで、ひょんなことから、新春のTBSのこういうド正面のホームドラマに出ることができて、本当に役者冥利に尽きるなと思いました」と念願のホームドラマ出演の喜びを明かした。

 

『あしたの家族』
TBS系
2020年1月放送

TAG
SHARE ON