エンタメ
映画
2019/11/8 6:15

吉沢亮のサプライズ登場に会場大興奮!「来てしまいました」

映画「キングダム」ブルーレイ&DVDリリース記念「前夜祭」が11月5日に開催され、MCのイジリー岡田、ゲストの小島瑠璃子、松橋真三プロデューサーが登壇した。

小島は「良い意味で期待を裏切られました。原作のスケールはそのままで映像になったことで、リアルに感動的なシーンが入ってきて、『キングダム』をこういう風に映像化してくださって、“ありがとうございます!”という気持ちでした」と映画を観た感想を語った。

松橋プロデューサーは、小島のイベントへの出演を熱望していたそうで、「今日は小島さんにお礼を言いたくて、『キングダム』の製作資金集めをしていた時に、小島さんが出演していた『アメトーーク!』のDVDを配って“こんなに面白い漫画なんですよ”と、営業をしていたんです。なので、映画『キングダム』は小島さんがいなかったら実現していなかったといっても過言じゃないんです!」と意外な裏話を明かし、小島は「いやぁー、うれしい!」と笑顔を見せた。

 

原作も映画も大ファンという小島は、松橋プロデューサーを質問攻めに。小島の“どれくらいお金がかかったんですか?”という生々しいしい質問には、松橋プロデューサーが「おそらく(邦画の中で)今世紀で一番お金がかかっているのではないか」と回答し、会場からはざわめきが起こった。

さらに、松橋プロデューサーからの連絡で急遽イベントに駆けつけた吉沢亮がステージにサプライズ登場すると、会場から大歓声が沸き起こった。吉沢は「ちょうど近くで取材をしていて、今日は来てしまいました」とあいさつ。中国での撮影時のエピソードについて聞かれると「王宮でのアクションシーンは、長い距離を走って大変だったんで、酸欠になりそうなくらい頑張って10テイクくらい撮影したんですが、結局2テイク目が本編で使われていました(笑)」と当時を振り返り、会場の笑いを誘った。

イベント中には、『キングダム』公式Twitterに寄せられた質問に松橋プロデューサーが答えるなど、制作の舞台裏についてのトークを披露。そして、来場者に向けて、原作の原泰久から届いたスペシャルメッセージを読み上げた。

 

<原作・原泰久メッセージ>

「皆さん、本日はご来場ありがとうございます。明日、いよいよ映画『キングダム』ブルーレイDVDが発売になります。あの映画館での興奮を、今度は家や仕事場で何度も味わえると思うとうれしいです。あそこやあそこやあそこで、また泣いてしまうのだろうな~(笑)。まだ映画をご覧になっていない方はぜひご視聴を。びっくりすると思いますよ。既に映画館でご覧になられた方々も、ご自宅などで再び映画『キングダム』の世界にお浸りください。そして落ち着きましたら、今度はゆっくり原作との違いを発見するなどして楽しんでみてください(笑)。プレミアムエディションのブックレットでは、佐藤信介監督と僕の対談もお読みいただけますので、ぜひ手に取ってみてください。どうぞよろしくお願いいたします」

 

最後に、小島は「原作のファンの方も、『キングダム』に触れたことがない方も、1本の映画として素晴らしい作品になっていると思います。私もブルーレイ、DVDが発売されたら、何度も見返したいと思います」と。

 

吉沢は「撮影に入る前の準備期間からずっと全員が熱い想いを持って挑んだ作品で、本当にそれだけの熱いものができたなと思って、僕らも自信を持ってお届けができる作品になっています。ぜひブルーレイ、DVDで何度も見ていただいて、細かい部分まで注目してほしいと思います」と作品の魅力をアピールした。

TAG
SHARE ON