エンタメ
ドラマ
2019/12/12 6:30

中島裕翔×間宮祥太朗『僕はどこから』に音尾琢真、高橋努、若林豪、須藤理彩、笠松将、仙道敦子

2020年1月8日(水)スタートの中島裕翔主演、間宮祥太朗共演『ドラマホリック!「僕はどこから」』(テレビ東京系)に、音尾琢真、高橋努、若林豪、須藤理彩、笠松将、仙道敦子が出演することが分かった。

本作は、市川マサの同名漫画のドラマ化。文章を書き写すことで、他人の思考をコピーできる小説家希望の青年・竹内薫(中島裕翔)の前に、講談会系東宮寺組最年少組長・藤原智美(間宮祥太朗)が現れ、膨大な報酬と引き換えに、ある家庭の息子を一流大学に入学させる“替え玉受験”の仕事を依頼。薫は、その異能を生かして成功直前までこぎつけるが、予想だにしない大きな流れに飲み込まれる。

 

出演が発表されたのは、音尾琢真、高橋努、若林豪、須藤理彩、笠松将、仙道敦子の6名。智美の身の回りのお世話係で、千佳(上白石萌歌)からは“ごんどぅー”と呼ばれている権堂真司役に音尾。智美が組長を務める講談会系東宮寺組会長の子飼いで、えたいのしれない男・山田隆一役に高橋。講談会系東宮時組会長・東宮寺正胤に若林。

 

息子の玲を名門大学に入れることに固執し、玲に執着する井上涼子役に須藤。涼子の息子で、母からの執着に耐え兼ね、薫と智美も巻き込む大きな事件を起こす井上玲役に笠間。

 

そして、薫の母で、若年性アルツハイマーを患っている竹内陽子役を仙道が演じる。追加の共演者は随時発表予定。

 

<音尾琢真 コメント>

髙橋泉さんの脚本を読ませていただいて、遅ればせながらようやく市川マサさんの「僕はどこから」という原作に出会い。この世界に自分がいてもいいような気がしまして。間宮祥太朗さんよりずっと年上だけど子分という立ち位置も面白く、自分なりの居様を見つけさせてもらいました。中島裕翔さんをはじめとして、皆さんが、芯を持って作品に向き合っている様子が心地よかったです。ぜひご覧ください。

 

<高橋努 コメント>

原作を読んでとても面白く、やりがいを感じました。それと同等に「こりゃ大変な現場になるなぁ」と思いました。山田という役は今まであまりやってこなかった役で、なるべく誰にも嫌われないような、一見目立たないような人をイメージしました。まぁ、このゴツい顔は変えられませんがね!(笑)そして、中島裕翔と間宮祥太朗がとても良い!私の役は特にこの2人との絡みが多く、2人とも現場を盛り上げてくれて、非常に助かりましたし、芝居してて楽しかったです。話が進むにつれどんどん展開していき、小説家を目指す青年が小説家になれるのか?という話では全くなくなります。もちろん小説家になってもらいたいですが(笑)。第1話から目が離せない作品になってます。ぜひご覧ください。

 

<笠松将 コメント>

最終回の芝居場以外は、せりふを言ってるだけで、あえて誰とも会話しないようにしました。衣装合わせの際、キャラクターの造形を考えたときに、半袖を着ることを断りました。そんな中でロケ地のカフェのお母さんから、T シャツをもらい、今でも大切に着ています。撮影がすべて終わって、今思うことは…

「玲君が元気に暮らしてますように」

 

<仙道敦子 コメント>

脚本を頂いた時の第一印象は、息苦しさ、生き辛さの中でも精いっぱい今を生きている登場人物たちの生き様です。漫画原作ならではのスピード感あふれる展開に心を奪われました。私が演じた薫君の母親は、一人で息子を育て、今は若年性アルツハイマーを患っています。ずっと走り抜いている物語の中で、薫君が向き合う唯一、“静”の部分ではないかと思っています。薫君を心から愛している、その気持ちを大事に演じました。
撮影は、現場でのライブ感を監督が大切に汲み取ってくださりながら、一つひとつのシーンを作り上げていく様子が印象に残っています。リハーサルを重ねながら、どんどん命が吹き込まれていくような現場でした。中島さんは昔から拝見しておりましたが、思った通りの優しいオーラの人でした。親子のシーンを重ねていきながら、人柄にも触れて、中島さん演じる薫君との穏やかな時間が画面にもあふれているかと思います。
生きるってなんだろ…そんな事をふと考える作品になっていると思います。ぜひ、ご覧になってください。

 

 

ドラマホリック!
『僕はどこから』
テレビ東京系
2020年1月8日(水)スタート
毎週(水)深0・12~0・52

原作:市川マサ
脚本:髙橋泉
監督:瀧悠輔、熊坂出、大内隆弘

出演:中島裕翔(Hey! Say! JUMP)、間宮祥太朗、上白石萌歌、音尾琢真、高橋努、若林豪、笠松将、須藤理彩、仙道敦子

©「僕はどこから」製作委員会

TAG
SHARE ON