エンタメ
タレント
2020/3/3 6:30

中島健人×平野紫耀『未満警察』に出演決定の傳谷英里香が13年ぶりのショートカットに

2018年に解散したベイビーレイズJAPANのリーダーで、現在は女優として活躍する傳谷英里香が、4月スタートの土曜ドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』(日本テレビ系)にレギュラー出演。

 

写真提供:所属事務所

 

出演にあたって髪を30cmバッサリカットし、13年ぶりのショートカットで警察学校の学生役に挑戦する傳谷は、「出演が決まってとても嬉しかったです。題材が警察学校ということで気が引き締まる思いでした。小学生以来、13年ぶりのショートカットなので、とても新鮮です。鷹木真琴を演じるにあたって、(自分とは)ギャップのある役なので、温度差を楽しんで頂けるのではないかと思います。サスペンスであり、学園ドラマであり、見所満載です!」とコメント。

 

愛らしい表情と元気な笑顔でアイドル時代から絶大な支持を得ていた傳谷。この役は一見、イメージとはかけ離れているようにも思えるが、実は非常に活発でトライアスロンに挑戦するなど運動神経に自信を持っている。

 

実際の警察学校の映像も見て役作りを始めており、連ドラ初出演となった『ランウェイ24』に続き、今作への参加で女優業を本格化。4月からは新しい傳谷英里香が見られそうだ。

 

『未満警察 ミッドナイトランナー』
日本テレビ系
2020年4月スタート
毎週(土)放送

<傳谷英里香 コメント>

◆ドラマの話が決まった時の心境は?
とてもうれしかったです。題材が警察学校ということで気が引き締まる思いでした。ショートカットにするのは勇気がいりましたが、本来の警察学校の映像を観て、心を決めることが出来ました。私が演じる真琴と学生たちが、どういう風に物語に関わっていくのかと、ワクワクしました。

 

◆髪を30cmも切って臨むが…。

小学生以来、13年ぶりのショートカットなのでとても新鮮です。ネガティブな気持ちは全くなく、すっきりしています!気持ちも軽やかで、心なしか明るくなった気がします。周りからの印象も様々なので、今までとは違った自分や、ショートカットでいろいろな魅せ方が出来ると思うと、これからが楽しみでもあります。

 

◆自身の学生時代を思い出したことなどは?

自分の学生時代も、学校や部活で素敵な仲間たちに囲まれていたので、撮影しながら何かあったら助け合うなど、こういった“仲間感”って素敵だなとあらためて思いました。

 

◆ファンにひと言。

『未満警察 ミッドナイトランナー』で鷹木真琴を演じるにあたって、ギャップのある役なので、温度差を楽しんで頂けるのではないかと思います。サスペンスであり、学園ドラマであり、見所満載です!警察学校の学生の一員として、頑張りますので、ぜひ応援していただけるとうれしいです。

 

○傳谷英里香(でんや・えりか)
1995年11月2日生まれ。千葉県出身。2012年から2018年9月まで、アイドルグループ「ベイビーレイズJAPAN」のリーダーとして活動。現在は女優としてさまざまなジャンルに挑戦中。『ランウェイ24』ではCA役として連ドラ初出演。

■公式HP

傳谷英里香


■公式Instagram
https://www.instagram.com/erika_denya/
■公式Twitter

TAG
SHARE ON