エンタメ
ドラマ
2020/3/8 6:30

『アンサング・シンデレラ』石原さとみ&西野七瀬がクランクイン

4月9日(木)スタートのフジテレビ木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』の撮影がスタートし、主人公・葵みどり役の石原さとみ、新人薬剤師・相原くるみ役の西野七瀬がクランクインを迎えた。

最初の撮影は、くるみの教育担当になったみどりが、くるみを連れて入院患者の投薬状況をチェックしに回るシーンから。丁寧に一人一人の患者と向き合いながらも、病室から病室へとかなり早足で移動するみどり。くるみは小走りになりながら懸命についていく。

 

この日の撮影はひたすら早歩き。「この現場、ずっと早歩きですね!」と話す石原に、監督は「でも、くるみはずっと走ってるよ(笑)。そのうち病院一周しちゃうかもね」と返し、キャスト、スタッフに笑顔がこぼれた。

 

木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』フジテレビ系
4月9日スタート
毎週(木)後10時~10時54分
※初回15分拡大(後10時~11時09分)

 

<あらすじ>

葵みどり(石原さとみ)は萬津総合病院薬剤部で働くキャリア8年目の病院薬剤師。同じ薬剤部のベテラン薬剤師・刈谷奈緒子(桜井ユキ)の指示の下、羽倉龍之介(井之脇海)や工藤虹子(金澤美穂)ら病院薬剤師たちが、山のように舞い込んだ処方箋を一つ一つ確認し、調剤、監査、投薬といった膨大な作業量をスピーディーにこなしていく。ある日、そんな薬剤部に新人の相原くるみ(西野七瀬)がやってくる。人手不足に頭を抱える薬剤部にとっては明るいニュースだが、「向いてなかったら辞めようと思っています」ときっぱり言い切るくるみ。教育担当に任命されたみどりがくるみを連れて院内を案内していると、救急センターに心停止の急患が運ばれてくる。そこでくるみは、医師や看護師と連携して緊急処置に当たる薬剤師の姿を目の当たりにする。

 

<出演者>

石原さとみ、西野七瀬、清原翔、桜井ユキ、井之脇海、金澤美穂/真矢ミキ/迫田孝也、池田鉄洋、でんでん 他

 

<スタッフ>

原作:『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』荒井ママレ/医療原案:富野浩充(『月刊コミックゼノン』連載/コアミックス)
脚本:黒岩 勉(『グランメゾン東京』)
プロデュース:野田悠介(『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』『コード・ブルー特別編-もう一つの戦場-』)

 

演出:田中亮(『コンフィデンスマンJP』『ディア・シスター』)
制作・著作:フジテレビ第一制作室

 

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/unsung/

 

公式Twitter:@unsung2020

 

©フジテレビ

TAG
SHARE ON