エンタメ
音楽
2021/7/11 10:50

初心者の練習にもピッタリ! 61鍵盤以下の電子キーボードおすすめ5選

おうち時間の楽しみ方に注目が集まるこの頃。新しく趣味を持った方や、これから何か始めたいという方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、何が楽器を始めてみたいという人におすすめの電子キーボードをご紹介します。憧れのキーボーディストを真似して弾いてみたり、子どもと一緒に練習してみたり、自由な楽しみ方を見つけてみてください。

 

目次

 


テーブルに収まるのでちょっとした練習に最適


カシオ Casiotone ミニキーボード SA-46

手軽に弾ける、テーブルに収まるサイズのキーボードです。叩いて音が鳴る5種類のドラムパッドも搭載。ヘリコプター、電車の音などもあり、子どもにもおすすめ。いろいろな音を、保育園などの施設で演劇やイベントの効果音に活用するのもアリ。小さく手軽に持ち運べるので、コーラスの音取りにも。練習場にあると重宝すること請け合いです。

【詳細情報】
サイズ:446×208×51mm
重量:1.0kg

 


内蔵ステレオスピーカーで迫力ある演奏を実現


RockJam 54鍵 電子キーボード RJ654-MC

ナビゲーションモードを使えば、初心者は楽しく快適に、上級者はそのスキルをさらに磨くことができます。8曲のデモソングを内蔵。液晶ディスプレイがキーとコードを示してくれるので、一緒に演奏することができます。本体左右に1つずつ位置する内蔵ステレオスピーカーで迫力のある演奏を楽しめます。100種類の音色で曲に変化を付けることも可能。楽譜やタブレットを譜面立てに置くことで、気兼ねなく演奏に集中ができます。

【詳細情報】
梱包サイズ:920×492.8×139.7mm
発送重量:5.26kg

 


本格的なピアノサウンドを気軽に楽しめる


ローランド GO:PIANO エントリー・キーボード GO-61P

Roland ローランド/GO-61P GO:PIANO エントリー・キーボード

Roland ローランド/GO-61P GO:PIANO エントリー・キーボード

38,610円(07/30 12:09時点)
Amazonの情報を掲載しています

初めて楽器に触れるビギナーに最適な新しいコンセプトの「GO:PIANO」。コンパクトサイズながらも本格的な音、タッチ、ペダルを実現したエントリー向けのキーボードです。ローランドのデジタルピアノから継承した高品位なピアノ音色10種を内蔵し、61鍵ピアノタイプの新鍵盤を採用。Bluetooth機能を使えば、デジタルならではのピアノの楽しさも広がります。軽量、コンパクト、バッテリー駆動で、いつでもどこでも演奏が可能です。

【詳細情報】
サイズ:877×271×82mm
重量:3.9kg

 


3つのガイドで初心者をやさしくサポート


ヤマハ EZ-J220

押さえる鍵盤を光で教えてくれる「ライトガイド」、内蔵曲の指使いを表示する「指使いガイド」、ディスプレイの5線譜にメロディ、コード、弾いている音程などを表示する「音符ガイド」を搭載し、初心者にもやさしくレッスン。iPad連動の、インフォサウンドを使用した自動譜めくり機能を搭載。専用アプリをダウンロードすれば内蔵曲の譜面をiPad上に表示でき、曲の進行に合わせて自動的に譜めくりができます。内蔵曲対応のソングブックを付属。楽譜だけでなく音符の読み方などをやさしく解説したレッスンガイドが掲載されていて、初心者にとことんやさしいキーボードです。

【詳細情報】
サイズ:945×111×348mm
重量:4.4kg

 


スタンド・イス・ヘッドフォン付きですぐに始められる


ONETONE OTK-61S サクラ楽器オリジナルセット

スタンド、イス、ヘッドフォンもセットになっているので、届いてすぐに演奏や練習を楽しめます。ベンドホイール搭載でホイールを上下させることで音程をなめらかに変化させます。ダイナミックな演奏表現も可能。日本語パネルで子どもでも簡単に操作できます。音色やリズムパターンがそれぞれ300種類搭載されているので、バリエーションも広がります。

【詳細情報】
サイズ:960×375×120mm
重量:4.8kg
カラー:ブラック、ホワイト

 

目次に戻る

TAG
SHARE ON