エンタメ
映画
2021/1/21 5:40

マラドーナ「まさに人生最高の瞬間だった」映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』

60歳という早過ぎる死に、今も世界中のファンから追悼の声が集まる史上最高のサッカー選手ディエゴ・マラドーナ。誰も見たことない貴重な秘蔵映像とともに、波瀾万丈な人生が明かされる映画「ディエゴ・マラドーナ 二つの顔」が2月5日(金)より公開。それに先駆け、SSCナポリ時代にロッカールームでチームメイトと共にシャンパンファイトで歓喜に沸くマラドーナの貴重な本編映像が公開された。

 

 

1987年、マラドーナはSSCナポリにてクラブ史上初のセリエA優勝とコッパ・イタリア優勝で2冠を獲得。街中では祝福とパーティーが2か月続き、ビルの壁面に巨大な肖像画が描かれた。全員で応援歌を大合唱する中、マラドーナはブルーノ・ジョルダーノとフェルナンド・デ・ナポリにインタビュー。マラドーナ自身も「ナポリに来た時、優勝すると思ってた?」と聞かれると、「ああ、バルセロナでは結果を残せなかった。コパ・デル・レイで優勝したが、だが、もし俺が…その…」と答えたところで、インタビュアーまでびしょ濡れになった様子を見て大爆笑。マラドーナの無邪気な素顔が垣間見える。

 

当時のヒーローインタビューでは、「まさに人生最高の瞬間だった。だって優勝の経験はこれまでもあるが、自国開催で優勝を経験していない。1978年のW杯では代表に選ばれなかったからね。だから今回が一番重要なんだ」と控えめに語り、当時を振り返るインタビューでは、「ナポリにとってリーグ優勝はW杯優勝と同じだ。疑っていた者たちもこれで信じざるを得ない。俺が最高だとね」と誇らしげに語っている。

 

映画「ディエゴ・マラドーナ 二つの顔」が2月5日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷、グランドシネマサンシャイン他にて公開

 

©2019 Scudetto Pictures Limited

TAG
SHARE ON