エンタメ
ドラマ
2021/3/27 5:30

劇団ひとり・生瀬勝久らが白熱の推理!『マーダー★ミステリー』全貌解明版の配信決定

ABCテレビ関西ローカルとABEMAで同時放送された新感覚ミステリードラマ『マーダー★ミステリー 〜探偵・斑目瑞男の事件簿〜 全貌解明版』が、3月27日(土)夜22時より配信されることが決定した。

「マーダー・ミステリー」とは、その場で渡された台本を読み込んで自分に与えられた役割を即興で演じ、“殺人犯を探す”という即興力や推理力が試される次世代体験型ゲーム。

 

ブームの先駆けとなった中国では、バラエティ番組をきっかけに話題を集め、市場20億円を超える大人気コンテンツにまで成長。日本では、数々のオリジナルストーリーが「マーダー・ミステリー」として制作されるなど、「リアル脱出ゲーム」や「人狼ゲーム」などに次いで、注目を集めている。

 

3月19日に同時放送された『マーダー★ミステリー 〜探偵・斑目瑞男の事件簿〜』では、巷で話題となっているこのゲームをベースに、出演者が即興演技に挑戦。エントリー総勢251名の中から厳しい予選を勝ち抜いた7名のファイナリスト(男性4名・女性3名)が、台本とセリフなしのキャラクターやアリバイのみが記された設定書のもと、筋書きなしの予測不能ミステリードラマを即興で創り上げた。

 

「全員容疑者」という疑心暗鬼にかられながら謎解きを行わなければならない特殊な状況下で、犯人役は「いかに自分の犯行だとバレないように」演技するか、それ以外の人は「どうすれば犯人を特定できるか」を突き詰めていく様子は、ある意味「ミステリー」であり「ドキュメンタリー」とも言えるだろう。

 

また、本番組は未来のスターとなる役者を発掘する一面も兼ね備えており、生瀬勝久、瑠東東一郎、内山聖子といった豪華な顔ぶれが、即興ドラマに挑戦した出演者の演技を審査していった。

 

今回配信される全貌解明版では、前回放送で入りきらなかった未公開シーンをはじめ、“犯人役”以外の役者には隠されていた「3つの謎」が明らかに。さらに、審査員たちによる勝者決定講評や、即興ドラマ終了直後の俳優たちへの感想インタビューなど、ここでしか見られない内容となっている。

 

ストーリーテラーとして進行を務めた探偵・斑目瑞男役の劇団ひとりと審査員が「犯人は誰なのか?」と白熱した推理を繰り広げる様子に加えて、未公開映像も満載ということで、見逃せない内容になりそうだ。

 

番組情報

『マーダー★ミステリー 〜探偵・斑目瑞男の事件簿〜 全貌解明版』

ABEMA SPECIAL

2021年3月27日(土)後10・00〜深0・00

配信URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/9N5tQQhGYcnfQT

 

©AbemaTV,Inc.

TAG
SHARE ON