エンタメ
ドラマ
2021/4/27 5:30

乃木坂46生田絵梨花がバレリーナ役で『イチケイのカラス』第5話にゲスト出演 10年のブランクで猛特訓

 

竹野内豊主演、黒木華共演のフジテレビ系月9ドラマ『イチケイのカラス』(毎週(月)後9時~9時54分)の第5話(5月3日(月)放送)に、生田絵梨花(乃木坂46)、黒沢あすかがゲスト出演することが決定した。生田は『海の上の診療所』(2013年)以来約8年ぶり、黒沢は『監察医 朝顔』から2作連続の月9ドラマ出演となる。

 

本作は、浅見理都による人気リーガルコミック『イチケイのカラス』(講談社モーニングKC刊)をドラマ化。東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)の型破りな刑事裁判官・入間みちお(竹野内)と、みちおに振り回されながらも真実をつかもうと奔走する坂間千鶴(黒木)らイチケイメンバーの活躍を描く。

 

第5話で生田が演じるのは、世界的に活躍するバレリーナ・馬場恭子。また、馬場のバレエの恩師で、傷害事件で起訴された被告人・槇原楓を黒沢が演じる。

 

バレエ団の経営者で振付師の槇原楓(黒沢)は、元トレーナーの矢口雅也(松木研也)を口論の末に突き飛ばし、意識不明の重体にさせたとして起訴される。かつてトレーナーとしてバレエ団に勤務していた矢口は、複数のダンサーにセクハラを行っていたことが明るみになり、槇原によって解雇されていた。過去の怨恨が関係している可能性も視野に、坂間は裁判長としてこの刑事事件を担当することに。

 

また、このバレエ団に所属するバレリーナ・馬場恭子(生田)は、イチケイの書記官・石倉文太(新田真剣佑)の中高時代の同級生で、石倉の初恋の相手だった。石倉は動揺しながらも、書記官として事件を担当することを決意する。

 

そんな中、この傷害事件と全く別の食い逃げ事件の裁判を担当していたみちおは、傷害事件と食い逃げ事件をまとめて一つの裁判にする“併合審理”を提案し、イチケイメンバーを驚かせる。併合審理は振り込め詐欺や贈収賄事件など、別々の事件であっても犯人が共通していたりする場合に限られるため、今回のケースで併合審理をするのはあり得ないことだった。

 

生田絵梨花 コメント

「バレリーナ役と聞いて、バレエは10年のブランクがあったので焦りました。1か月間の猛特訓の成果が少しでも出ているといいなぁと思います。心身共にハードな日々だったのですが、並木(道子)監督はじめたくさんの温かさに支えられ、恭子の人生を大切に紡ぐことができたのではないかと思います。ぜひ皆さんに楽しんでいただけたらうれしいです」

 

黒沢あすか コメント

「並木(道子)監督のビジョンはとても明確で、とことん向き合ってくださる心意気に集中力が増して行ったのを覚えていますし、でもそのエネルギーに私がヘトヘトになってしまった事もありましたが、あの壮快感を味わえるのなら今一度、並木監督の演出を受けてみたいとさえ思いました。私が演じた“槇原楓”は現役引退後、バレエ団経営と後進の指導に力を注ぎ、生田絵梨花さん演じる“馬場恭子”にほれ込み、自身の持てる力の全てを注ぎ込みます。槇原と恭子の信頼関係にひびが入りかねない事件を竹野内豊さん演じる“入間みちお”がどう裁いてくれるのか見守っていただけたらと思います」

 

『イチケイのカラス』
フジテレビ系
毎週(月)後9時~9時54分

<出演者>
竹野内豊、黒木華、新田真剣佑、山崎育三郎、桜井ユキ、水谷果穂、中村梅雀、升毅、草刈民代、小日向文世

<スタッフ>
原作:浅見理都『イチケイのカラス』(講談社モーニングKC刊)
脚本:浜田秀哉(『絶対零度』シリーズ、『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』他)
音楽:服部隆之(『HERO』シリーズ、『半沢直樹』シリーズ他)
裁判所監修: 水野智幸(法政大学法科大学院)
プロデュース:後藤博幸(『SUITS/スーツ』シリーズ、『ほんとにあった怖い話』シリーズ他)
有賀聡(ケイファクトリー)(『カンナさーん!』『初めて恋をした日に読む話』他)
橋爪駿輝(『嫌われる勇気』『ペンション・恋は桃色』他)
編成企画: 高田雄貴(『刑事ゆがみ』『黄昏流星群』他)
演出:田中亮(『コンフィデンスマンJP』『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』他)
星野和成(『チーム・バチスタ』『SUITS/スーツ2』他)
森脇智延(『SUITS/スーツ』シリーズ、『ほんとにあった怖い話』シリーズ他)
並木道子(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』『モトカレマニア』他)
制作協力:ケイファクトリー
制作・著作:フジテレビ第一制作室

©フジテレビ

TAG
SHARE ON