エンタメ
声優
2021/7/20 5:30

声優・豊崎愛生が語るコンサートへの想い──「来てくれるお客さんと私にとっての“帰る場所”」

声優・豊崎愛生のコンサート『豊崎愛生 コンサート2021~Camel Back hall~』の初日公演が7月17日(土)に神奈川県民ホールで開催された。公演では、最新アルバム『caravan!』の収録曲を中心に、定番曲なども披露。収容定員の50%という制限はあったが、久々の有観客によって会場が彼女のイメージカラーである緑色に染まる中、終始アットホームな雰囲気で初日公演は幕を閉じた。そこで、初日公演終了直後の彼女に直撃インタビュー! 今回のコンサートに込める想いから、初日の感想、そして来週開催される公演への意気込みまで、“生”の声をお届け!

 

◆今年2月に配信ワンマンライブを開催しましたが、有観客でのソロコンサートとしては2018年11月以来となります。まず、あらためて今回のコンサート開催が決定した時の感想から聞かせてください。

メチャメチャうれしかったです! “やっとみんなに会える!”と思いました。正直、こういう状況の中でアルバムをリリースさせてもらえるだけでも奇跡みたいなことなのに、それを引っ提げたコンサートまでやらせてもらえるなんて、本当にありがたいというか。と同時に、スタッフの皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

 

◆やはり有観客でのコンサートは違いますか。

私がステージで歌っているっていうスタンス的には、お客さんがいる・いないや配信に関わらず、今までと変わらず1人1人に届けたい想いでやっていますけど、でもやっぱり皆さんと同じ空間を共有して、同じ音楽を聴いて、同じ気持ちになってというのがコンサートなので。本当に久しぶりにお客さんを入れて行うということもあったので、とにかくうれしかったですね。しかも今回、私の1stコンサートツアーでも立たせてもらった中野サンプラザホールで開催するということで、このタイミングであの会場に立って自分ができることと言うか、みんなに伝えたいことや見せたいことってなんだろうって考えながら、構成を考えていきました。

 

◆今回、セットリストを決める際のポイントなどは?

ニューアルバム『caravan!』は、私がこれまでリリースした中で一番振り幅が大きいアルバムだなと思っていて。今回はその『caravan!』を引っ提げてのコンサートだったので、アルバムの振り幅と同じように、新旧いろんな曲を織り交ぜたセットリストにしたいなって。だから、はじめましての方も、昔から私の曲を知ってくださっている方にも、どこで自分の好きな曲や思い出の曲が飛び出すかワクワクしてもらえるんじゃないかなと思ってます。そして、ありがたいことに4公演やらせてもらえるので、公演ごとに日替わり曲も用意しています。そこも楽しみにしてもらえたらうれしいですね。

 

◆テーマみたいなものはあるんですか?

アルバムもコンサートも“幸せを集める”をテーマに作ったので、とにかく前向きな気持ちのセットリストになっています! 自分の中では“テンションぶち上げて行こう!”みたいな感じの楽しいセットリストにしたつもりなので、定番曲は歌いつつも、「ここでこの曲を歌うんだ」って驚いてもらえるような、そういった意味でも“新しいコンサート”になってるんじゃないかなと思います。

 

◆久しぶりのお客さんの前でのコンサートということで、初日公演の前日、緊張などは…?

緊張しました。やっぱり久しぶりのコンサートという上に、お客さんの前で初めて披露する曲がたくさんありますから(笑)。でも緊張というか、なんだかソワソワする感じかもしれません。ただ不思議なもので、「私のコンサートに来てくれるお客さんなら大丈夫だな」っていう、なんかすごい安心感みたいなものもあります(笑)。

 

◆初日公演当日、会場入りしてリハーサルなどをこなしていく中で、なにか思うことはありましたか?

いろんなことが“懐かしいなぁ〜”と思いました。あと、とにかくコンサートって楽しいものだなというのを再確認できたっていうか。前日からワクワクしてるし、当日のリハーサルも楽しいし。まぁ生だから本番はいろいろあるんですけどね(笑)。

 

◆いよいよ開演。お客さんがいる会場を見た時はいかがでしたか。

“いる!”って(笑)。でも、“いる”ことが当たり前ではないので、まずそこに感動しました。すごく久々の光景だったし、ステージに出た瞬間、お客さんは声を出せないけど、“うわぁ!”ってなるのがこっちに伝わってきて(笑)。久しぶりだからこそできる少しの距離感みたいなものを、コンサート中にゆっくり縮めていけたらいいなと思いましたね。

 

◆今回のコンサートでこだわった点があったら教えてください。

新しい届け方というか、今回はお客さんが声を出せない状況の中でのコンサートなので、クラップ曲にしてみたりとか。例えばコンサートの届け方だったり、それこそ仕事のスタイルなんかも変わりましたけど、でもそれを仕方ないからそうなったとは絶対したくなくて。そういう捉え方は性に合わないというか(笑)、私はそういうふうに思ったことはなかったので。もちろんお客さんの目の前で届けられることの楽しさはあるけど、でも例えば配信だったら、どこに住んでいても観られる良さがあって。だから、そこは歌い方と言うかパフォーマンスもそうだし、みんながこれはこれで新しいコンサートの届け方ですごく楽しかったと思ってもらえるにはどうしたらいいか、バンドメンバーと考えましたね。できなくなったことを数えてもキリがないから、「じゃあ、逆にこういうことができるね」っていう感じで。

 

◆無事初日公演を終えましたが、それを踏まえて、豊崎さんにとって“コンサート”とは、どんな存在ですか?

私にとって、というか、私と私のコンサートに来てくれるお客さんにとっての居場所、“帰る場所”かな。今回久しぶりのコンサートだったこともあってか、なんかすごく“ホーム感”があって。みんなと私で集まる“実家”みたいな場所が、私のコンサート会場だったり、私が歌っている音楽の世界とかになってくれたらいいなって。だから、いつでも帰れる場所を用意しておくのが、これからの私の役目だなと思いました。今日をきっかけに、「また必ず会いましょう!」ってみんなに伝えたので、その日を作るために、これからも頑張ります!

 

◆そして今月24日(土)と25日(日)には、東京・中野サンプラザホールでの公演が控えています。あらためてコンサートへの意気込みと、楽しみにしている方へメッセージをお願いします。

コンサートタイトルの『Camel Back hall』には、ラクダの背中という意味があって、ラクダの背中には砂漠で生き抜くための栄養分が詰まっているらしいので、みんなにとっての栄養分になるようなコンサートにできたらいいなと思って作っています。皆さんが安心して楽しんでもらえるよう、できる限りの環境作りや対策を行っていきますので、もしよろしければ、一緒に幸せを数えながら楽しい時間を過ごしましょう。お会いできるのを楽しみにしています!

 

PROFILE

豊崎愛生
●とよさき・あき…10月28日生まれ。徳島県出身。AB型。声優としての主な出演アニメは『けいおん!』平沢唯役、『シドニアの騎士』科戸瀬イザナ役、『ゆるキャン△』犬山あおい役など。アーティストとしては、2009年10月にシングル「love your life」でソロデビュー。以降、15枚のシングルとベストとカバーを含む6枚のアルバムを発売。今年6月30日に最新アルバム『caravan!』をリリース。

 

公演情報

『LAWSON presents 豊崎愛生 コンサート2021~Camel Back hall~』
<2021年7月24日(土)>
東京・中野サンプラザホール
17・00開場/18・00開演【SOLD OUT】
<2021年7月25日(日)>
東京・中野サンプラザホール
1回目:12・00開場/13・00開演<追加公演>
2回目:16・30開場/17・30開演【SOLD OUT】

チケット料金
<一般発売>
全席指定:8,300円(税込)
・ローソンチケット:https://l-tike.com/toyosakiaki/2021_camelbackhall/
・イープラス:https://eplus.jp/toyosakiaki/
・チケットぴあ:https://w.pia.jp/t/toyosakiaki-k/

<当日券>※公演当日0:00~開演時間まで
全席指定:8,800円(税込)
https://l-tike.com/toyosakiaki/2021_camelbackhall/

豊崎愛生オフィシャルウェブサイト:https://www.toyosakiaki.com/

 

TAG
SHARE ON