エンタメ
タレント
2021/11/25 5:45

筧美和子、重ねてきた10年の経験から得られたもの「心から女優業が“楽しい”と言えるようになった」 映画「幕が下りたら会いましょう」

女優として活躍の場を広げている筧美和子さんが、11月26日(金)より公開される映画「幕が下りたら会いましょう」に、松井玲奈さん演じる麻奈美の妹・尚役で出演。麻奈美との複雑な姉妹関係は、どのように作り上げられたのか。役作りの裏側や、共演を楽しみにしていたという松井さんの印象、そして女優業の楽しさを語ってくれました。

 

◆本作出演の話があった時、どのようなことを考えましたか?

主演の松井玲奈さんは個人的にご一緒したかった方で、監督の前田聖来さんとは同世代で、しかも役者もやられているということで、すごく興味がわきました。ありがたいお話だったのはもちろん、お2人とご一緒するのが楽しみでしたし、台本を読んで作品にとても惹かれるものもありましたね。

 

◆松井玲奈さんとは、以前から共演してみたかったんですか?

私が高校生ぐらいの時にSKE48などで活躍されているのを見ていたんですが、今は役者として幅広い役を演じられていて。個人的に松井さんが持っている空気感にすごく惹かれていて、ご一緒したいとずっと思っていました。

 

◆実際に会った松井さんの印象は?

クールな雰囲気なんですが、本とかアニメなど、好きなもののお話をされている時はすごく楽しそうで(笑)。ご一緒できる時間はそれほどなかったんですが、お話できてうれしかったです。

 

◆台本を読んだ時は、どんな感想を持ちましたか?

直接的なメッセージがあるわけではないんですが、全体的に寂しさのようなものが漂っていて、“何か感じ取ったぞ”という感覚がありました。それは、のちのち監督とお話していく中で徐々に形になっていった気がします。

 

◆尚を演じるに当たって、どのような役作りを?

尚は常に寂しさを抱えている人だなと思ったので、目に見える部分での役作りというよりは、心情の部分を大事にしようと。松井さんが演じられた姉の麻奈美との関係性についても、事前に一緒に本読みをさせていただいたことで、お互いに感じ取れた部分があったかなと思います。前田監督も登場人物たちの繊細な心の機微みたいなものを大事にされていたので、みんなが共通認識を持てていたと思いますし、私自身も作品の世界に入りやすかったです。

 

◆同世代の前田監督から刺激を受けた部分はありますか?

前田監督は、撮影中も尚の繊細な心情をその都度話してくださって。完成した映画にも監督が大事にされていた部分がすごく反映されていました。

 

◆筧さんから見て、演じられた尚はどのような女性ですか?

実家を出て東京に行くことは、家族との関係も含めて、尚にとってすごく覚悟が必要だったと思うんです。その分、東京に行ってからはがむしゃらに自分の人生と向き合っていた。もちろん寂しさもあったと思いますけど、そうした感情を押し殺しながら必死に生きていたんじゃないかなと。

 

◆尚の東京での暮らしぶりも含めて、映画に出てこない部分での尚の裏設定みたいなものはあったんですか?

その部分についても、監督と都度話しましたね。私の中でも、尚が登場しないシーンや台本からも“実はこういう思いを抱えていたんじゃないか”という尚像が自然と浮かんでくるものがありましたし。

 

◆麻奈美と尚の姉妹関係は、繊細で複雑です。尚は麻奈美のことをどう思っていたと推察しますか?

もちろん嫌いではないし、大切に思う気持ちもあったと思うんですが、ぶつかっても真正面からケンカすることはできない、少し不思議な距離感があったんだと思います。尚としては、大事に思うからこそ遠慮してしまう部分があるんですかね。すごく複雑な姉妹の形ではあるんですが、尚にとって麻奈美は、数少ない“救い”だったんじゃないかと思います。

 

◆筧さんもお姉さんと弟さんがいらっしゃいますが、ご自身にとって姉弟はどういう存在ですか?

あらためて考えることはあまりないですが、やっぱり自分という人間が形成される中で絶対に不可欠な存在ですし、自分の中に姉や弟の要素は自然と組み込まれていると思います。それと同時に、一緒に生きてきた同志みたいな部分もあって。最近、自分の中に組み込まれている姉や弟の匂いを感じるんですよ。尚と麻奈美は複雑な関係ではありますが、多分シンパシーみたいなものを感じる部分はあったと思います。

 

◆兄弟や姉妹って、親ともまた違う距離感ですしね。

私の場合、一番の理解者みたいな感じもあります。親には心配かけたくないから言えないことも、姉には全部話せたり。そういう意味でも、私にとって姉と弟は不可欠な存在ですね。

 

◆同じ妹として、尚とどこかで通じるようなところはありましたか?

私は常々、ほかの姉妹を見ていても“お姉ちゃんって、いろいろなものを背負わされて苦しいだろうな”と思っていて。自分はホントに甘えさせてもらっているなと(笑)。尚も麻奈美にちょっと甘えるようなシーンがありますし、もしかしたら姉妹の関係性としては、うちと少し近いのかもしれないですね。

 

◆あらためて、この映画の見どころを教えてください。

完成した映画を観た時は、尚が亡くなったあとの周囲の人たちの思いを知ることができて、自然と涙が出てきました。基本的には家族に焦点が当てられた作品だと思いますが、観る人によっては、尚や麻奈美の生き方から何か感じるものがあるのではないかなと。ご覧になった皆さんが、それぞれ何を感じてくださるのか、すごく楽しみです。

 

◆筧さんは、芸能界に入ってから約10年が経ちました。この10年を振り返って、いかがですか?

最初のころはお芝居には縁がないと思っていたので、当時の自分からしたら、今の私はすごく意外かもしれないですね。でも、模索しながらやってきたからこそ今があると思うので、いろいろな経験をしてきたこの10年は、自分らしい芸能生活なのかなと思ったりします。

 

◆女優業もどんどん楽しさが増している?

これまでインタビューなどで「女優業、楽しいですか?」と聞かれた時に「楽しいです!」と答えていたんです。でも、“楽しい”のひとことで本心を表せていたかというと、難しいところもあって。今もそういう気持ちはありつつも、今回の映画も含めて、すごく大切にしたい出会いがどんどん増えてきて、以前よりも心から楽しいと言えるようになった気がします。

 

PROFILE

筧美和子
●かけい・みわこ…1994年3月6日生まれ。東京都出身。2013年にデビューし、雑誌「JJ」の専属モデルなどで活躍。2014年、ドラマ『最高の離婚Special 2014』で本格的に女優としての活動を開始する。2021年は「孤狼の血 LEVEL2」「幕が下りたら会いましょう」と2本の出演映画が公開。

 

作品情報

©︎avex entertainment Inc

「幕が下りたら会いましょう」
2021年11月26日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

(STAFF&CAST)
監督:前田聖来
脚本:大野大輔、前田聖来
主題歌:「CRY〜戻りたい夜を〜」Jam Flavor
出演:松井玲奈/筧美和子、しゅはまはるみ、日高七海、江野沢愛美、木口健太、大塚萌香、目次立樹、安倍乙、亀田侑樹、山中志歩、田中爽一郎、hibiki(lol-エルオーエル-)、篠原悠伸、大高洋子、里内伽奈、濱田のり子、藤田秀世、出口亜梨沙、丘みどり/袴田吉彦
配給:SPOTTED PRODUCTION

 

(STORY)
実家の美容室を手伝いつつ、鳴かず飛ばずの劇団を主宰していた麻奈美(松井玲奈)のもとに、ある日、東京で働いていた妹・尚(筧美和子)が亡くなったという知らせが入る。その日、尚から着信があったにもかかわらず電話に出なかった麻奈美は、複雑な思いを抱いてしまう。そんな中、劇団仲間の早苗(日高七海)と一緒に妹の部屋を引き払いに東京に向かった麻奈美は、様々な人々との出会いと再会を経て、自分自身と向かい合うことになる。

 

公式サイト:https://makuai-movie.com

公式Twitter:@makuai_movie

©︎avex entertainment Inc

 

photo/金井尭子 text/水上じろう

TAG
SHARE ON