エンタメ
ドラマ
2022/4/9 5:45

吉川愛主演『明日、私は誰かのカノジョ』キービジュアル、予告映像、OP&ED曲解禁

4月12日(火)からスタートする『明日、私は誰かのカノジョ』(MBS/TBS系)のキービジュアル、予告映像、オープニング主題歌、エンディング主題歌が解禁された。

本作は、をのひなおの大人気マンガ「明日、私は誰かのカノジョ」をドラマ化。吉川愛、横田真悠、齊藤なぎさ、箭内夢菜、宇垣美里の5人が演じるさまざまな思いを持つ女性たちが各章で主人公となり、それぞれのリアルな恋愛を紡いでいく。

 

解禁されたキービジュアルは、各キャラクターに合わせたカラーリング、衣装を細かくディレクションしたビジュアルとなった。美しく華やかな背景に包まれる彼女たちの表情には憂いがあり、彼女たちの抱えるコンプレックスや心の奥底が垣間見える。さらに、情報解禁の時とは違った装いの、萌(箭内夢菜)のビジュアルにも注目だ。

 

予告映像は、雪(吉川愛)の一言から始まり、そこからリナ(横田真悠)、ゆあ(齊藤なぎさ)、萌(箭内)、彩(宇垣美里)の5人の女性たちが映し出される。そしてAmber’sが歌うオープニング主題歌「Desire -欲情本能-」、DUSTCELLが歌うエンディング主題歌「足りない」に乗せて印象的なシーンが切り取られていく。

 

さらに、雪をレンタルする客の“正之“や、リナのパパ活相手”飯田“、彩の客”桧山“など、原作ファンの間でも人気のモブのおじさんキャストも登場。ドラマで描かれる「明日カノ」の世界への想像がさらに膨らむ予告となっている。

 

なお、本作がディズニープラスで世界配信されることも決定。世界配信に先駆けて、国内ではドラマ放送後の4月13日(水)午前2時より配信がスタートする。また、TVer、MBS 動画イズムでは放送後1週間の見逃し配信も行われる。

 

Amber’s コメント

『明日、私は誰かのカノジョ』オープニング主題歌を担当するAmber’s

 

表面には見えない「弱さ」や「脆さ」タイプやシチュエーションは違えど、誰もがこの感情を抱えながら生きる今の時代にどんな曲が添えられるのか、とても悩みました。全てが完璧な人間は存在しない。全てがダメな人間も存在しない。迷い足掻きながらも今を熱く生きるあなたと照らし合わせてドラマとオープニング主題歌「Desire -欲情本能-」を楽しんでいただきたいです。

 

DUSTCELL コメント

『明日、私は誰かのカノジョ』エンディング主題歌を担当するDUSTCELL

 

何か足りなくて、満たされない心を抱え、不器用ながらも生きている「明日カノ」登場人物たちをイメージして楽曲を制作させていただきました。僕たち自身も彼女たちの思想や生活に、共感できる部分が多くあり、感慨深い作品でした。原作もとても楽しく読ませていただきました!ドラマの主題歌は初めてのことで今から放送が楽しみです、よろしくお願いします。

 

予告映像オープニング主題歌バージョン

 

予告映像エンディング主題歌バージョン

あらすじ

一週間に一回誰かの彼女になるレンタル彼女として日々お金を稼ぐ「雪」。

 

埋められない孤独を抱え、寂しさを男で紛らわす「リナ」。

 

見た目に固執し、整形を繰り返す30代女子「彩」。

 

周りに流されず、“自分”を持っていると語る「萌」。

 

自由を求め上京し、夜の街で“今”を生きる「ゆあ」。

 

さまざまな思いを持つ5人の女性たちが各章で主人公となり物語が進む。それぞれにコンプレックスや悩みを抱え、もがきながらもそれを克服しようとした先にはあるものとは。

 

登場人物たちのリアルな心理描写は話題を呼び、同じ体験をしているわけではなくとも、「明日カノ」の世界観に共感する読者が続出、一度ハマったら抜け出せない超注目作。

 

番組情報

『明日、私は誰かのカノジョ』

MBS/TBS

2022年4月12日(火)スタート

 

©「明日、私は誰かのカノジョ」製作委員会・MBS

TAG
SHARE ON