エンタメ
ドラマ
2022/8/1 5:30

『個人差あります』夏菜、新川優愛、白洲迅のクランクインレポート到着 “異性化”表現のポスターも解禁

夏菜、新川優愛、白洲迅がトリプル主演を務める『個人差あります』(東海テレビ・フジテレビ系全国ネット 毎週土曜 午後11時40分〜深夜0時35分)が、8月6日(土)に放送スタート。放送に先駆け、ポスターが解禁されたほか、3人のクランクインレポートが到着した。

『個人差あります』©東海テレビ

 

本作は、突如性別が変わってしまう「異性化」に翻弄される夫婦の物語。異性化する夫・磯森晶を夏菜(女性)と白洲迅(男性)が、戸惑う妻・苑子を新川優愛が演じる。原作は、「喰う寝るふたり 住むふたり」「モンクロチョウ」などで知られる日暮キノコの「個人差あり〼」。突拍子もない設定を通じて多様性に迫る、社会派エンターテインメントだ。

 

クランクインは、6月中旬。この時期には珍しく寒い日で、朝早くから撮影が行われた。「寒いねー」と、出産後初の連ドラ出演となる夏菜は、スタッフと談笑。「けっこう太ったけど、割とすぐに戻ったよ」と、産後のエピソードを交えながら現場を盛り上げた。

 

そして、ベンチコートをまとった新川も穏やかな表情でスタンバイ。「磯森晶役の夏菜さん、磯森苑子役、新川優愛さんです!」とスタッフが紹介すると、2人は大きな拍手と共に迎えられ、「よろしくお願いいたします!」と応えた。

 

ファーストシーンは、第1話、磯森家の玄関から。自宅で突然倒れ、瀕死の状態から「異性化」で女性の体になった晶が、苑子に連れられ病院から帰宅するシーンだ。部屋では、苑子が晶にブラトップとショートパンツを用意し、「バンザイして」とメジャーで胸のサイズを測りだすが、晶は「ブラなんかいらねーし」と戸惑いを見せる。

 

夏菜は今回、“心は男性”という設定で、男口調で話すせりふや振る舞いが多いが、「男っぽさが大げさな感じにはならないように気をつけています」と語った。

 

もう一人の主演である白洲は、衣装のスーツに着替えて登場。白洲が初めて撮影に挑むのは、苑子との夕食中、激しい頭痛に襲われて廊下に倒れる最重要シーン。「まだワンシーンしか撮ってないけど…」と笑う白洲は、倒れ方を何度も監督と確認して撮影に。その後、救急車で病院に運ばれた晶は瀕死の状態から「異性化」した別人の姿へと変貌を遂げていく。

 

併せて解禁された本作のポスターは、原作の世界観を大切にしつつ、「二人で一役」を演じる夫婦模様と、そこはかとなく苦悩を秘めた世界を大胆に描いたもの。当日の撮影スタジオは、カメラセッティングに加えて“鏡”が置かれ、現場は不思議な雰囲気に。デザイナーは、「昔からファンタジーの象徴であり、真実を写し出す道具としても使われる“鏡”を使い、夫婦の関係性などを表現できれば」とその意図を明かした。

 

まず、新川が鏡越しに憂いを帯びた表情の苑子を表現し、スタッフも「モノクロにしても素晴らしい美しさ!」と感動。カメラマンが「もっと鏡越しにカメラを見て」など指示を出すと、新川は的確に表現し、「悩んでいる感じがとてもいいですね」とプロデューサーもベタ褒め。夫の変化を受け入れて夫婦を続ける、苑子の心境が垣間見えた撮影だった。

 

いっぽう、夏菜と白洲は鏡越しに表裏一体となる表現を。デザイナーが「夏菜さんと白洲さんの手が合わさってないといけないので…」とレクチャーすると、夏菜と白洲が向き合い、それぞれの手を合わせて撮影する場面も。

 

撮影を終え、夏菜は「鏡を使う撮影と聞いて、珍しいしちょっと不思議な感じでした。現場では(二人一役のため)なかなか白洲君と一緒になることがないので、手を合わせたりしてコミュニケーションが取れて楽しかった。どんな仕上がりになっているのかとても楽しみです」と笑顔で振り返った。

 

第1話あらすじ

100円ショップ・リモナの商品企画部で働くサラリーマン、磯森晶(白洲迅)は小説家の妻・苑子(新川優愛)と2人暮らし。一見平穏ではあるものの、どこか冷めた夫婦生活を送っていた。ある日の夜、晶は脳出血で意識不明となり、救急車で病院に運ばれる。手術を受けて意識を取り戻したものの、苑子の前に現れたのは女性姿の晶(夏菜)。なんと、瀕死の状態から蘇生した際に、「異性化」で女性になってしまったのだ。

※異性化…本作で描かれる架空の設定。身体の性別が変わってしまう症状で症例は少数でいまだ原因は究明されていない。

 

番組情報

土ドラ『個人差あります』

東海テレビ・フジテレビ系全国ネット

2022年8月6日(土)~9月24日(土)※全8回

毎週土曜 午後11時40分〜深夜0時35分

出演:夏菜、新川優愛、白洲迅

 

©東海テレビ

TAG
SHARE ON