エンタメ
タレント
2022/9/7 20:30

久保田紗友&横田真悠インタビュー「すべての行動に意味があるので、ぜひ逃さずに見て」『トモダチゲームR4』

左から)久保田紗友、横田真悠

 

原作を山口ミコト、漫画を佐藤友生が手掛ける累計440万部突破の人気コミック「トモダチゲーム」(講談社「別冊少年マガジン」連載)を美 少年×HiHi Jetsらの共演で映像化した本作。

友一(浮所飛貴)らと共に「トモダチゲーム」に参加する沢良宜志法役の久保田紗友さん、心木ゆとり役の横田真悠さんに、本作に感じる魅力や今後の見どころをお聞きしました。

 

◆9月10日(土)についに最終話を迎える本作ですが、ここまでご自身の役柄を演じられていかがですか?

久保田:私は志法ほど品行方正なタイプではないのですが、彼女の正義感は、私も似たものを持っているので演じやすいです。志法としては、常に目の前にあることを真っすぐに受け止めて、彼女なりの“正義”を最後まで貫き通せたらと思いながらやっています。

横田:私が演じるゆとりは、すごくおっとりしているし口数も少ないので、普段の私とは全く違うんです。なので、声の調節や感情の表現がすごく難しくて…。友一たちを前に、どういうテンションでいたらいいのかなと常に模索しています。

 

◆あらためて感じる本作の魅力を教えて下さい。

久保田:視聴者の方が考察しながら見られるエンターテインメント性かなと。振り切った内容の作品だと思うのですが、友達同士の裏切り合いはもちろん、あらためて友達について考えることができるところも魅力だと思っています。

横田:確かに。私自身も、台本を読んでいて「友達って、実はこういうものなのかな…」と考えさせられることがすごく多いです。私たちがいるゲーム会場と運営ルームの雰囲気の違いも対照的ですごく面白いですし、2話で既に「トモダチゲーム」に申し込んだのが天智(佐藤龍我)というのが明かされたことで、「本当の裏切り者は誰?」というのがよりいっそう掻き立てられたなと思います。

 

◆今まで放送された中で、それぞれが一番衝撃的だったシーンを挙げると?

横田:(2話の)志法がモテモテだったシーンですね。天智も四部(井上瑞稀)も「みんな志法が好きなんだ!」っていう(笑)。そんな中で、ゆとりは1人でいるというのが、私としてもすごく切なかったです。

久保田:でも、志法としては逆にゆとりのほうに行ってしまう友一を見て、切なさを感じていました。あと、ゆとりを信頼していたからこそ、(2話の「暴露スゴロク」で)やられたことのひどさに衝撃を受けましたし、あの暴露をみんなが真に受けていたのもすごく悲しかったですね。

 

『トモダチゲームR4左から)久保田紗友、横田真悠

 

◆お話にもあったように、劇中ではそれぞれ対立するシーンも多かったかと思うのですが、撮影現場での皆さんの距離感は…?

横田:私たちCグループは“友達”という関係性でありながら、仲良くしているシーンがすごく少ないまま撮影が進んでいったので監督も空気感を心配して下さっていたんですけど、私たち2人は元々仲が良かったので問題なかったですね。頻繁に連絡を取ったりするような、もうそこも超えた関係なので(笑)。

久保田:そうだね。全然会っていなくても変わらないし、会っても変わらないし…(笑)。なので、今回初めて一緒にお仕事をさせていただいたんですけど、変に意識する感じも全くなかったです。

横田:劇中でバチバチしている時も、空き時間は普通に隣に座って仲良くしゃべっていました(笑)。

 

◆第2ゲームで挑んだ“暴露スゴロク”にちなみ、そんなお2人だからこそ知っている、お互いの意外な一面を教えて下さい。

久保田:最近、現場で真悠と占いをしていたんです。誕生日で性格とかが分かるっていうものだったのですが、真悠の結果に「よくしゃべる」ということが書いてあって。そしたら、真悠が「えっ、私そんなにしゃべらないよね?」って聞いてきたんです。「いや、よくしゃべるよ!」っていう(笑)。

横田:自分ではそんなにおしゃべりだと思ってなかったから!(笑)。

久保田:きっと皆さんから見てもそんなにおしゃべりに見えないと思うんですけど、実はすごくしゃべってくれます。

横田:ありがとう(笑)。紗友は、すごく健康志向!

久保田:…えっ、健康に見えない!?(笑)。

横田:いや、すごくいろんなことを知ってるっていうこと!(笑)。酵素ドリンクだったり、ボディケアアイテムだったり、紗友が「これがいいよ」って言っていたものはほとんど買っている気がします。

 

◆Cグループの皆さんとは撮影の空き時間など、どのように過ごされていますか? また、思い出に残っているエピソードがあれば教えて下さい。

久保田:基本的に、他愛のない会話をずっとしてるよね?

横田:「今日のお昼は何かな?」「今日の晩ご飯はこれがいいな~」みたいな会話を1日に1回はしていますね(笑)。いつもお弁当を数種類用意して下さっているんですけど、大体みんな同じものを選ぶんですよ。それで「やっぱりそれだよね!」って(笑)。

久保田:本当に、空き時間は和やかな雰囲気です。

横田:あと、あれやったよね。「こっちむいてふたりでまえならえ~」っていうやつ!

久保田:やったね(笑)。誰かが「“アルゴリズムたいそう”したい」って言い始めて、「じゃあ私が振り付け覚えてこようか」って。

横田:本当に覚えてきてくれたんだよね(笑)。それでみんなで踊りました。

久保田:Cグループみんなで「アルゴリズムたいそう」したのが思い出です!(笑)。

 

◆ゲームに参加していた志法が運営チームに寝返ったり、ゆとりが「大人のトモダチゲーム」から追放されてしまったりと怒とうの展開を迎えていますが、クライマックスに向けて、今後の見どころをお願いします。

久保田:志法が運営チームに入り、視聴者の方も驚かれていると思うのですが、私以外のCグループのメンバーも全員意味のないことはしていないですし、すべての行動に意味があるので、ぜひ逃さずに見ていただきたいなと思います。

横田:志法の行動の謎が見えたり、誰が「大人のトモダチゲーム」を勝ち抜くのか、展開が本当に面白いと思います。結局、誰が一番の“悪”なのかという部分を楽しんでいただけたらうれしいです。

 

SPECIAL TOPIC

左から)久保田紗友、横田真悠

 

Q.“トモダチ”と同じくらい大切な存在は?

久保田:家族です。周りで支えて下さってる方々や応援して下さっている方々にも感謝しているのですが、やっぱり家族は何にも代えられない存在。そして、私も自分の友人たちにとって、家族のような存在になれたらいいなと思っています。

 

横田:応援して下さる方々です。実際にお会いできる機会は多くないのですが、SNSをできるだけ更新して、皆さんとコミュニケーションが取れたらいいなと思っています。

 

PROFILE

久保田紗友
●くぼた・さゆ…2000年1月18日生まれ。北海道出身。A型。舞台「パルコ・プロデュース2022 VAMP SHOW」、ドラマ『雪女と蟹を食う』(テレビ東京系)、『僕の姉ちゃん』(テレビ東京ほか)にも出演中。

 

横田真悠
●よこた・まゆう…1999年6月30日生まれ。東京都出身。O型。『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)、『ラヴィット!』(TBS系)に出演中。10月14日(金)公開の映画「カラダ探し」に出演。「non-no」(集英社)専属モデルとしても活躍中。

 

番組情報

オシドラサタデー『トモダチゲームR4』
テレビ朝日系
毎週土曜日 後11・00~深0・00

公式HP:https://www.tv-asahi.co.jp/tomodachigame_r4/

 

●photo/徳永徹 text/片岡聡恵 hair&make/吉田太郎、stylist:瀬川結美子(久保田) 衣装協力/ダイアグラム・ダイアグラム表参道ヒルズ店 TEL:03-6804-3121(久保田)、IRENE(横田)

TAG
SHARE ON