エンタメ
映画
2022/10/9 5:30

永野芽郁×奈緒がお互いの存在の大きさを実感「二人の絆を確かなものにしてくれた作品」映画「マイ・ブロークン・マリコ」インタビュー映像公開

永野芽郁主演、タナダユキ監督の映画「マイ・ブロークン・マリコ」(公開中)より、主人公・シイノを演じた永野と、親友・マリコを演じた奈緒の特別インタビュー映像が公開された。

©2022映画『マイ・ブロークン・マリコ』製作委員会

 

本作は、2019年に無料WEBコミック誌「COMIC BRIDGE」で連載された平庫ワカの同名コミックを映画化。鬱屈した日々を送るOL・シイノトモヨは、テレビのニュースで親友・イカガワマリコが亡くなったことを知る。マリコの魂を救うために、マリコの実家から遺骨を強奪し逃走。マリコの遺骨を抱いて“ふたり”で旅に出る。

 

主人公・シイノトモヨを永野芽郁、親友・イカガワマリコを奈緒が演じ、窪田正孝、尾美としのり、吉田羊らが共演。監督は、「百万円と苦虫女」(2008)、「ロマンスドール」(2020)、「浜の朝日と嘘つきどもと」(2021)のタナダユキ。音楽は、「浜の朝日の嘘つきどもと」でタナダ監督の作品を彩った加藤久貴が手掛けた。

 

このたび、永野、奈緒が「オファーを受けた時の心境」「それぞれとの共演について」「印象に残っているエピソード」「印象に残っているせりふ」について明かした特別映像が公開。

 

インタビュー中も、お互いを思いながら言葉を紡ぎ出す永野と奈緒。作品への参加の経緯について、永野は奈緒がマリコ役を演じる可能性が出てきた段階で「奈緒ちゃんがやるならできるかも」と思ったそう。いっぽう「ずっと芽郁ちゃんが隣にいてくれた」ことが大きかったという奈緒も、元々の信頼関係だからこそできた役作りだったことを明かす。

 

二人とも難しい役どころだったのにもかかわらず、永野は「友達としても、奈緒ちゃんのこの瞬間を、今、私しか見ていないって幸せだなって思う」という気持ちがあったと話しながら、本作が「二人の絆を確かなものにしてくれた作品」であると断言。「印象に残っているせりふ」を語る中では、公開後だからこそ明らかにできる、作品の細部にわたって二人の思いが語られる。

 

そして奈緒は「明日に寄り添える作品ができた」、永野は「魂からの叫びをスクリーンを通して体感していただけるようになっていると思います。日常に彩りが出たらいいなと思っています」とそれぞれメッセージを送っている。

 

映画「マイ・ブロークン・マリコ」永野芽郁&奈緒 特別インタビュー映像

作品情報

「マイ・ブロークン・マリコ」公開中

出演:永野芽郁、奈緒、窪田正孝、尾美としのり、吉田羊

 

監督:タナダユキ

脚本:向井康介、タナダユキ

原作:平庫ワカ「マイ・ブロークン・マリコ」(BRIDGE COMICS/KADOKAWA刊)

音楽:加藤久貴

エンディングテーマ:Theピーズ「生きのばし」(P)2003King Record Co.,Ltd.

製作:映画『マイ・ブロークン・マリコ』製作委員会(ハピネットファントム・スタジオ/KADOKAWA/エキスプレス)

配給:ハピネットファントム・スタジオ/KADOKAWA

 

©2022映画『マイ・ブロークン・マリコ』製作委員会

TAG
SHARE ON