エンタメ
映画
2016/11/11 6:00

A・スタントン監督が明かすドリーの誕生秘話とは!? 忘れっぽい性格は○○をモチーフにしたから

ディズニー/ピクサー最新作『ファインディング・ドリー』が11月15日(火)より先行デジタル配信開始、11月22日(火)にMovieNEXが発売される。これに先駆け、MovieNEXに収録されているボーナス映像から、忘れんぼうのドリー誕生秘話に迫るメイキング映像の一部が解禁された。

20161110_y-koba_TV2_01

『ファインディング・ドリー』は、カクレクマノミのマーリンがナンヨウハギのドリーと共に、息子ニモを人間の世界から救出した『ファインディング・ニモ』の奇跡の冒険から1年後の世界が描かれる。いつも明るくてポジティブだけど、何でもすぐに忘れてしまうドリーが唯一忘れなかったのが家族の記憶。ドリーは家族を捜すため、ニモやマーリンと共に冒険の旅に出る。

 

解禁されたメイキング映像には、前作に続き監督を務めたアンドリュー・スタントンが登場。ドリーの忘れっぽい性格を「金魚は5秒で忘れることをどこかで読んだから」と、意外にも金魚をモチーフにしていたことを告白。その設定が物語の展開に役に立ったと当時を振り返る。さらに、共同監督のアンガス・マクレーンは、今回ドリーを主役にしたことで、あらためて「繊細でありながら明るくて楽しい性格」のキャラクターとして描いたと語っている。

20161110_y-koba_TV2_02

スタントン監督は『ファインディング・ニモ』の公開後、ドリーの行く末を心配していたという。ドリーには、自分が何者なのか、自分はどこからやって来たのかを知りたいという、ごく自然な欲望があったはずと考えるようになり「このストーリーは、自分自身を見つけるドリーを描いた。彼女は自分自身の持つ強さにはまだ気づいていなかったんだ」と明かしている。

 

このほかにもMovieNEXには、ボーナス用に製作されたキャラクターたちのインタビュー集「突撃!海中インタビュー」や、非常に珍しいCGエラー映像集、メイキングや未公開シーンなど、充実のボーナス映像を多数収録。本編と合わせて『ファインディング・ドリー』の世界をより堪能することができる。

 

「ファインディング・ドリー MovieNEX」ドリーの誕生秘話

 

『ファインディング・ドリー』

11月15日(火)デジタル先行配信開始

11月22日(火) MovieNEX(4,000円+税)新発売

公式サイト:Disney.jp/dory

 

©2016 Disney/Pixar

TAG
SHARE ON