エンタメ
CM
2016/11/15 11:00

UQ mobileのCM、「ピンクガチャ」と「ブルームク」の自由すぎる設定

10月25日から全国でオンエアされている「UQ mobile」の新CMに、深田恭子(長女)・多部未華子(次女)・永野芽郁さん(三女)が3姉妹役として出演中。しかし、人気女優の起用を差し置いて「どうしたガチャピン!? 変色してるぞ!」「ガチャピンとムックの色が変わってて、おじさん困惑」「クッキーモンスターかと思ったらムックだった」と、人気キャラクターのガチャピンとムックのカラーチェンジに驚きの声が上がっている。

出典画像:UQコミュニケーションズ公式サイトより
出典画像:UQコミュニケーションズ公式サイトより

 

新CMで夫婦になったガチャピンとムック

CMでは女優3姉妹の両親としてガチャピンによく似たピンク色の生物と、ムックにそっくりなブルーのキャラクターが登場。緑色のガチャピンと真っ赤なムックに慣れ親しんでいる人からは驚きの声が上がった。しかし、実はこのキャラクターはガチャピンとムックとはまったく別の生き物らしい。

 

「ピンクガチャ」と「ブルームク」の秘密

今回CMに登場しているのは、見たままに名前は「ピンクガチャ」と「ブルームク」。UQ mobileのモバイルルーター「UQ WIMAX」のマスコットキャラクターとして誕生した彼らだが、当初はどちらも青い体をしていた。そして、恐竜の子どもであるガチャピンに対して、ブルーガチャは青い龍の子ども。また、雪男のムックのプロペラが体を冷やすためにあるのに対し、青い鬼の子・ブルームクのプロペラは危険を察知するためにあるように、まったく別の生き物であるようだ。そして、そこからさらに成長を遂げたのが、カラダが全身ピンクになった「ピンクガチャ」。UQ mobileの持つ魅力に胸キュンするあまり、カラダに突然変異が起こってピンク色になってしまったらしい……。そして、そこから奇妙な夫婦生活が始まったのだ。

 

緑VSピンク、赤VSブルーの対決

公式サイトに掲載されている家族プロフィールによると、個性的過ぎる一家の中心的存在の母・ピンクガチャは家族思いで、みんなから慕われているとのこと。一方、パパであるブルームクは、女だらけの一家の中で肩身がせまいと感じているようだ。でも、「そんな立場が意外と嫌いじゃない」との追加情報からは若干のMッ気も見てとれる。

 

ピンクガチャに対して、ガチャピンは「キミは、ぼくより歯が出てるね」とツイート、ムックはFacebookで「あんなにきれいな娘さんがいらしたんですねぇ。3人も~」とそれぞれのそっくりさんについて語った。自分たちのドッペルゲンガーに敵意はないようなので、もしかしたら4色が共演するなんてことがあるかもしれない。

TAG
SHARE ON