エンタメ
映画
2016/11/19 11:57

「シーサー的なものは…」りゅうちぇる、故郷・沖縄へのこだわりチラリ――11.25公開「メン・イン・キャット」イベント

モデルでタレントのぺことりゅうちぇるが11月25日(金)に公開される映画『メン・イン・キャット』の公開直前イベントに登場した。

 

本作は、仕事ひと筋のゴーマン社長がある日、娘の誕生日プレゼントに猫を買った帰りにビルから転落。そして目が覚めると自分の意識が猫の体に移ってしまった。誰にも自分だと気づかれず、ペットとして家族に迎えられてしまう…。見た目はキュートなのに中身はおっさん! そのギャップに爆笑必至のニャンだふるコメディ。

20161119-s2-2

映画になぞらえ猫耳をつけたぺこと、“ゴーマン社長”風の衣装を着て登場したりゅうちぇる。「これが僕が思うゴーマン社長です」と言い、口数も少なくカッコよく成り切るが、「もう我慢できない~!(ぺこの猫耳を指して)かわいい~!僕も猫耳やりたい~」とあっという間に普段のりゅうちぇるに。そして、改めて猫耳をつけて登場するとテンションが上がったようで「見て~(耳が)生えてきちゃった! しっくりくるね~」(りゅうちぇる)と大喜び。

 

“もし猫になったら?”の問いに、ぺこが「男の子の猫とイチャイチャしたい」と答えると、「何それ嫉妬~。やだ~!僕も猫になって一緒にイチャイチャしたい~」とヤキモチを焼くりゅうちぇる。さらに「僕はぺこりんに飼われたい。ペロペロ舐めて癒やしてあげるから、かわいらしく飼ってほしい」(りゅうちぇる)と願望を明かした。

 

ここで2人にサプライズプレゼントが。プレゼントの招き猫が入っている箱に入っているりゅうちぇるが手を入れ、箱の中身は何か当てることに。中身を見たぺこから「映画にちなんだ物が入っている」とヒントをもらいつつ、箱に手を入れたりゅうちぇるは「ツルツルしてる~何コレ?」と困惑。さらに「沖縄でいう、シーサー的な感じの物」(ぺこ)とヒントをもらうと「シーサー的な物は、シーサーしかないさ~。…キジムナー(沖縄に伝わる伝説上の樹の精霊)じゃないし」(りゅうちぇる)と思わず沖縄口調がポロリ。最終的に「ま○き猫」とほぼ答えのヒントをもらって正解を出したりゅうちぇるに会場は大爆笑。

 

そろそろクリスマスということで、クリスマスプレゼントの思い出について聞かれると「去年の25日の朝、テーブルにチキンの丸焼きやクリスマスケーキが並べられていて、すごくうれしかった」(ぺこ)、「一昨年のディズニーランドデートで欲しかった時計をプレゼントしてくれた。今でも収録のときやクリスマスにはつけてる」(りゅうちぇる)と。またぺこが「今年はりゅうちぇるが仕事なので、逆に私が家でクリスマスっぽいことをして、りゅうちぇるが帰ってくるのを待っていたい」とコメントし、「優しい~!それだけでお腹いっぱい、ありがとう~!」とりゅうちぇるが感激する場面も。

 

最後に「ひとりでも、家族や友達、恋人と観ても面白くてかわいくて楽しめる映画なので、ぜひ観てください!」(ぺこ)、「心が温かくなるので、これからの寒い季節にピッタリな映画。自分の世界観も広がりそうなステキな作品です」(りゅうちぇる)とアピールした。

 

『メン・イン・キャット』
11月25日(金)TOHOシネマズ、シャンテ他全国ロードショー

監督:バリー・ソネンフェルド
出演:ケヴィン・スペイシー/ジェニファー・ガーナー/クリストファー・ウォーケン
提供:アスミック・エース、カルチュア・パブリシャーズ
配給:アスミック・エース
©2016 – EUROPACORP – All rights reserved

TAG
SHARE ON