ファッション
2018/6/18 17:30

何度でも落書きできるTシャツが誕生!「CAMPFIRE」でプロジェクト展開中の「チョーカー・ティ」が斬新すぎる

「もしも自分でデザインした服が着れたら」。そんな願いを叶える“魔法のようなTシャツ”が、クラウドファンディングサイトCAMPFIREで支援プロジェクトを展開。ユニークなアイテムにネット上では、「これは面白い発想!」と評判を呼んでいる。

出典画像:「書いて、消して、また描いて。洗濯すればすべて消せるTシャツ」CAMPFIRE より

 

Tシャツのデザインを思いのままに!

プロジェクトの主役は「チョーカー・ティ」と呼ばれるTシャツで、なんと生地に直接“落書き”ができる特殊なアイテムだ。白色の生地がベースで、胸元に黒生地を使用。気持ちよく線が描けるよう特別に開発されており、「チョーク・クレヨン」を用いて思いのままにイラストや文字などのデザインが楽しめる。

 

チョーク・クレヨンは赤・青・黄・白の4色で、力を入れなくても滑らかに走るので繊細なカラーリング表現も自由自在。ちなみに通常のチョークと違い、粉の吸い込みや指などへ色移りする心配はなし。塗料は水で簡単に落ちるので、ちょっとした修正の際には拭き消したり、洗濯すればすべて綺麗に消せるのもチョーカー・ティの魅力となっている。

 

チョーカー・ティの考案者は、マレーシアを拠点に活動しているジュエリーデザイナー。子どもたちが心から創作を楽しむ姿を見て、「大人になった自分たちが、時間がないのを理由にして、創作の楽しみと喜びからすっかり遠ざかっている」と思い至ったことが原点になったそう。

 

繰り返し自分の好みのデザインが楽しめるとあって、ネット上には支援の声が続出。「どんな絵を描こうか今から楽しみ」「自己アピール用にイベントとかで着ようかな(笑)」「お絵描き好きとしてめっちゃ楽しめそう」「これは子どもが大喜びするアイテムだね」といった声が溢れ返った。

 

チャリティー活動を兼ねた支援プロジェクト

今回のプロジェクトはチャリティー活動を兼ねており、支援を受けた枚数と同数がカンボジア難民の子どもたちへ寄付される。支援はチョーク・クレヨンのみの1050円コースから用意されており、チョーカー・ティの“子ども用サイズ”や“大人用サイズ”によってコース金額が変動。支援達成率は既に100%を超えており、プロジェクト終了まで17日を残して12万5000円以上の支援金が集まっている(6月13日現在)。

出典画像:「書いて、消して、また描いて。洗濯すればすべて消せるTシャツ」CAMPFIRE より

 

パーティーなどのイベントで活用したり家族で統一したりと、デザインや使い方は人それぞれ。汚れを気にすることなく誰でも遊び心を自由に表現できるので、ぜひ支援を検討してみては?

TAG
SHARE ON