ファッション
2018/9/3 14:00

秋のインナーに備えよ。いまから使える「厚手の無地T」5選

Tシャツ、秋はインナーで活躍必至

例年以上の猛暑に見舞われた今年の夏。その影響か、今年の秋は平年より気温が高くなるとかならないとか。準備していたジャケットやコートはひとまず保留しないとですね。

そこで相も変わらず、備えておかないといけないのがTシャツ。夏でヘタレてしまったものをいつまでも着ていないで、一枚ぐらい新調しても?

今回は、インナーとしても重宝する「厚手の無地T」をショップスタッフが厳選。まだまだ登場回数が衰えないであろうアイテムですので、ぜひ。

計算し尽くされたブランドロゴ

 

normal_98593943-1

 

SEVEN BY SEVEN – SEVEN BY SEVEN 別注ロゴTシャツ ¥7,560(税込)

フロントのブランドロゴが印象的な『SEVEN BY SEVEN』のTシャツ。一枚でサマになるようブランドロゴは、配置・カラーリングを計算してデザイン。ストリートな雰囲気がムンムンですね。

また、ボディにはタフな生地感が特徴の「PRO CLUB」を使用。細かいところまで抜かりなしの一枚です。

EDIFICE TOKYO(渋谷店) – 山下
スタッフページを見る

胸元の刺繍が決め手

 

normal_98593943-1

 

THE NERDYS – ダイアンキートンT ¥9,720(税込)

名作映画「アニー・ホール」の主演である「ダイアン・キートン」の刺繍が胸元に施された『THE NERDYS』のTシャツ。生地には丈夫且つしなやかなブランド特製の超ヘビーオンス生地を用いており、着心地も上々。

シンプルだけど簡素ではない、バランス感のある一枚です。

Cedre Clothing Store(神戸・元町)
スタッフページを見る

USAへのこだわり

 

normal_98593943-1

 

Goodwear – ポケット付きTシャツ ¥6,480(税込)

Made in USAにこだわる『Goodwear』のポケT。肉厚なアメリカ製コットンを使用した生地は洗濯を重ねるごとに目が詰まり肌に馴染んでいきます。もちろん、透け感のないタフな生地感は健在。

またこちらはベーシックなタイプとは違い、袖と裾にリブを配したタイプ。一味、二味も違う一枚です。

ACROSS THE VINTAGE – 鈴木
スタッフページを見る

ディテールに要注目

 

normal_98593943-1

 

FIRMUM – 14/-オープエンド精紡コットン糸丸胴天竺カットソー ¥8,100(税込)

ルーズなシルエットに目を引く『FIRMUM』の一枚。14番のオープンエンド精紡コットン単糸で織られた生地を採用。加えて丸胴編みで仕上げているので、ノンストレスな着心地です。

ゆるくノンストレスで、タフ。まさに使える一枚。インナー使いには少々苦戦しそうな匂いがするので、困ったら下記リンク先でスタッフにスタイリングの相談を。

ドライな着心地で快適に

 

normal_98593943-1

 

CURLY – ADVANCE HS TEE ¥7,992(税込)

繊維の長い綿を空気圧で紡いだ糸で編み立てた『CURLY』のTシャツ。それにより、シャリ感のあるドライな肌触りと優れた吸汗・速乾性を備えています。

また、両脇の裾にはTシャツでは珍しい三角ガゼットが配され、控えめなアクセントに。耐久性のみならず、着心地も良好の一枚です。

Euphonica – 井本 征志
スタッフページを見る

タフなTシャツがワードローブにあれば、それだけで安心感が違います。残暑対策として、また無地Tに目を向けてみましょう。

またFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

iOS/Android

TAG
SHARE ON