ファッション
2018/9/16 16:00

定番の濃いめデニムをお洒落に仕上げるトップス3選

秋口に穿きたくなるなる濃いめのデニムパンツ

定番なので持っている方も多いアイテムですが、問題は定番が故にコーディネートで人と差別化するのが難しいこと。

そこで今回はショップスタッフに聞いた「濃いめのデニムパンツに合うトップス」をご紹介。定番アイテムをさらりとお洒落に着こなしたい方はぜひチェックを。

大人のワークシャツ

 

normal_98593943-1

 

Wood Wood – Franco Shirt in Navy ¥30,240(税込)

少し厚手のウール混のツイル生地を使用したデンマーク発の『Wood Wood』のシャツ。胸元の大きなフラップポケットやボックスカットのシルエットなど、ワークウェアにインスパイアされたディテールが随所に施されています。

カラーは深い色合いのネイビー。着想は作業着と言えど、上品でモダンな印象です。同じくワークを出自とするデニムを、一つのテーマ性をもって楽しめる一品。

Need Supply Co.東京店
スタッフページを見る

トレンド感を抑えつつも大人な印象に

 

normal_98593943-1

 

URBAN RESEARCH DOORS – ブロードルーズシャツ ¥8,640(税込)

ハリと光沢のある高級感溢れるブロード生地を使用した『URBAN RESEARCH』のシャツ。トレンドのリラックス感のあるゆったりとしたサイズ感ですが、落ち着いたカラーリングなので大人でも着やすいのがポイントです。

画像のブラウンのほか、深い色合いのグリーンも展開。ベーシックなアイテムの掛け合わせで作る今っぽいスタイルに期待です。

アーバンリサーチストア 心斎橋店
スタッフページを見る

スタイルを選ばないシャツジャケット

 

normal_98593943-1

 

JOURNAL STANDARD – WASHABLE ウィンドペン K-FIELDシャツジャケット ¥15,120(税込)

トレンドのウィンドペン柄を全面にあしらった『JOURNAL STANDARD』のシャツ。少し緩めのボックスシルエットを採用し、フロント両サイドには大きめのポケットを配置。シャツながらジャケット感覚で着れるアイテムとなっています。

キレイめからストリートスタイルまで幅広く着回したい、使える柄物トップス。

カジュアルながら品のあるアイテムが揃いましたね。ボトムスのほとんどがデニムの方は、羽織りものが欲しくなるこの時期にぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

FACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

iOS/Android

TAG
SHARE ON