ファッション
2018/9/19 14:00

今、ウエストバッグがアツい。プロが推薦したのはこの5品

やっぱりあると便利です

サコッシュブームのあおりを受けて、再びトレンドに舞い戻ってきたウエストバッグ。首や肩からぶら下げたりと、アクセサリー感覚で使える携行性の高いアイテムは、秋冬はコートの下で着こなしのアクセントとしても機能する実力派です。

ということで、ますます需要が広がるウエストバッグ。本番が来る前に、一足先にセレクトショップに入荷しているアイテムをチェックしておきましょう。

シックなデザインで都会的に

 

normal_98593943-1

 

GEAR3 – コートキャンバスウエストバッグ (サイズM) ¥9,720(税込)

オールブラックのシックなデザインが都会的な印象の『GEAR3』のウエストバッグ。高密度のキャンバス素材にコーティングを施すことで防水性を高め、雨の日でも無理なく使える仕上がりに。

カジュアルにはもちろん、ドレススタイルでもハマる代物ですよ。

Cedre Clothing Store(神戸・元町)
スタッフページを見る

老若男女問わず

 

normal_98593943-1

 

ARUMO – ウエストバッグ ¥11,880(税込)

『ARUMO』のウエストバッグは、年齢・性別を問わないシンプルなルックスが好印象。メインコンパートメントはダブルジップ仕様になっているので、荷物の取り出しも楽々。

また、ストラップには強度のあるナイロン高密度テープを使用しているため、ヘビロテ使いにも難なく対応。使いやすいブラックか、この時期にぴったりなオリーブか、それともクールな印象のグレーか…、カラー選びも買い物の一環として楽しんで。

あの名門サッカークラブとの

 

normal_98593943-1

 

EDIFICE – EDIFICE SOLOTEXウエストバック ¥2,808(税込)

SOPH.net 代表の清永氏のディレクションによる、世界的サッカークラブ「パリサンジェルマン」とのカプセルコレクションのウエストバッグ。

日本が誇るテキスタイルメーカー・帝人フロンティアの機能素材を採用しているので、ソフトな質感ながら形態回復性に優れているのがポイントです。今回のコラボを象徴するロゴは、シックな秋冬スタイルに効かせる遊び心として。

EDIFICE TOKYO(渋谷店) – 山下
スタッフページを見る

杢調の生地感で品良く

 

normal_98593943-1

 

Django Atour – APRONBAG 2017 ¥6,480(税込)

昨年で20周年を迎えた福岡発のブランド『Django Atour』のエプロンバッグ。生地には自宅で洗濯可能なコットン100%の杢ツィルを使用し、普通のそれにはない落ち着いた雰囲気が漂っています。

使い方はウエストバッグとショルダーバッグの二通り。気軽に使えるユーティリティーバッグとしワードローブにお出迎えを。

レザーの質感を活かして

 

normal_98593943-1

 

PORTER – イーズ ¥17,280(税込)

『PORTER』のウエストバッグは、上質なレザーの質感が高級感を醸し出す一品。かわいなくないお値段ですが、普段のコーデに取り入れるだけで全体を綺麗にまとめてくれること必至です。

普段使う貴重品がすっぽりと収まるサイズ感もGood。「素材から差をつけたい」という方はぜひチェックを。

ApooL×J-bag – 宮島 泰助
スタッフページを見る

ウエストバッグといっても、デザインは多種多様。欠品が発生する前に、ぜひお買い求めを。

またFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

iOS/Android

TAG
SHARE ON