ファッション
2018/9/21 20:00

シンプルで上品。ショップスタッフに聞いた、大人の「ブルゾン」って?

そろそろ、秋アウターが欲しい時期。

朝晩冷え込み、ようやく秋が始まったことを実感します。そろそろTシャツでは肌寒いので、その上から軽く羽織れるアウターが欲しいところですね。

そこで今回は秋にオススメしたいブルゾンをピックアップ。ショート丈でさっと羽織れるブルゾンは秋口に重宝します。ショップスタッフの一押しブルゾンたちをぜひチェック!

どこをとっても文句のつけようのない逸品

 

normal_98593943-1

 

niuhans – Sheepskin Sleeve Bomber Jacket ¥75,600(税込)

『niuhans』のブルゾンは、「ボマージャケット」という名に反して、いかつさを微塵も感じさせないやわらかな雰囲気が魅力。ウールのボディとベルベットのようなシープスキン袖のコンビデザイン、洗練されたクリーンなシルエットにより、カジュアルな印象のあるブルゾンを大人なアイテムへとアップデートしています。

これぞ、年齢を超えて長く愛せる一着。コート並の価格ではありますが、その価値は存分にあるかと。

Euphonica – 井本 征志
スタッフページを見る

ストリートの定番を品良く

 

normal_98593943-1

 

YELLOW RUBY – Wool Coach JKT ¥18,360(税込)

秋のライトアウター筆頭のコーチジャケットもウール地だとまた違った印象です。『YELLOW RUBY』のコーチジャケットは、裏面に特殊なポリウレタンのコーティングを施したウール素材で作られたもの。

コーディングのおかげで、袖通しがよく、風を通しにくいので防寒性が高いのがポイント。ストリートなアイテムも素材が違えば、大人っぽくなるという好例です。

男臭いアイテムをブラッシュアップ

 

normal_98593943-1

 

DE BONNE FACURE – BOMBER JACKET ¥101,520(税込)

お次は、フランス発『DE BONNE FACURE』のボンバージャケットをご紹介。本来なら男臭さ溢れるアイテムであるものの、エルメス出身の女性デザイナーの手にかかれば、一気に洗練された出で立ちに。

生地には、繊細な起毛感と柔らかな肌触りのイタリアン・ブラッシュドウールを採用。リブには上質なイタリアンウール、ジッパーにはriri社製のものと細部に至るまで抜かりなし。ミニマルで上質なブルゾンが欲しい方はぜひ。

ミニマルにまとめて

 

normal_98593943-1

 

Ccp – スウィングトップ ¥37,800(税込)

独特な丸みのあるシルエットが持ち味の『Ccp』のスウィングトップ。生地には優れた透湿性・撥水性を併せ持つ「KUDOS」を使用しているので、悪天候でもなんのその。また、大容量のインナーポケットを2つ配しているのも嬉しいところ。

パターン、機能ともに秀逸なスウィングトップ。ミニマルなデザインでコーデにも合わせやすいので、持っておくと重宝しますよ。

シルエットでスパイスを

 

normal_98593943-1

 

SISE – バルーンシルエットブルゾン ¥70,200(税込)

極端に広く取られた肩幅と風船のような丸みのあるバルーンシルエットが目を引く、『SISE』のブルゾン。艶やかなスラックス素材を用いて、デザインを極力シンプルにすることで、個性的ながらもコーデに馴染みやすいように仕上げたのが◎

トレンド感がありつつ、上品で個性的。そんなブルゾンが欲しいなら、一度こちらをお試しあれ。

瑠璃色の泉 – 岸村 翔司
スタッフページを見る

ショート丈アウターは一歩間違うと子供っぽくなりがちだけど、素材とデザインに注意して選ぶべし。本当に肌寒くなってきたので、気になるブルゾンがあった方はぜひ詳細からショップスタッフにお問い合わせを!

iOS/Android

TAG
SHARE ON