ファッション
2018/9/27 16:30

秋も羽織っていきましょう!ショップスタッフおすすめの「デニムアウター」4着

この時期に着たいデニムアウター

デニムといえば、春のイメージがもっぱら。でも意外にも各ブランドアイテムを見ると、秋冬にも関わらずデニムアイテムがチラホラと。

デニムは春に限らず、秋の景観ともマッチするってことですかね。

ということで今回は、ショップスタッフおすすめのデニムアウターをピックアップ。ジャケットとコートの両方が揃いましたので、ぜひご覧あれ。

その人の、その時の気分で

 

normal_98593943-1

 

WESTOVERALLS  – DENIM TRACKER JACKET (857B) ¥34,560(税込)

『WESTOVERALLS』のデニムジャケットは基本的に角のない、なだらかなドロップショルダーが特徴的。ゆとりのある身幅やアームホール、短めの着丈に設定することで、今っぽいルックスに。

また、その人がその時の気分に応じたサイジングで着て欲しいという願いから、サイズ表記を従来のS、M、LからA-Type、S-Type、F-Typeに変更。自分の好きな着こなしを楽しめる一着です。

WEEKENDER SHOP – 芹澤 伸介
スタッフページを見る

デニムの生地感を存分に

 

normal_98593943-1

 

Ordinary fits – Percy Denim Coat ¥38,880(税込)

ネップを含んだクラシック感のあるデニム地を使用した『Ordinary fits』のコート。一見硬そうに見える生地ですが、柔らかく着心地はノンストレス。

前立ては比翼仕立てでステッチは同色とすっきりとさせたディテールによって、デニム生地の魅力を存分に活かしたところも◎

オーバーサイズでナチュラルに

 

normal_98593943-1

 

FIRMUM – ブルーインディゴルーズドビーツイルデニムオーバーコート ¥36,720(税込)

特殊なドビー織りで製作された生地を採用した『FIRMUM』のデニムコートは、柔らかいライトな着心地が魅力的です。さらに生地にバイオ加工を施すことで、ストレッチをプラス。動きやすい一着に仕上がっています。

ドロップショルダーの超オーバーサイズですので、多少インナーがかさばっても問題ないです。真冬はアウターオンアウターも加味して。

高級感漂うデニムコート

 

normal_98593943-1

 

セブンスセンスフォークロア – デニムショップコート ¥23,544(税込)

ショップコートはショッピングセンターのスタッフの作業着が出自である分、カジュアルなイメージがありますよね? でも『セブンスセンスフォークロア』の一着は、そんなカジュアルな雰囲気を抑えた品を感じる代物。

岡山産の上質なデニム生地の採用や水牛の角を使用したボタンなど、素材のみならずボタンまでもこだわり、従来にはない品の良さを呈しています。iPadも収納できるフロントポケットもこれまた一興。

Cedre Clothing Store(神戸・元町)
スタッフページを見る

ヴィンテージウェアをヒントに

 

normal_98593943-1

 

PINECONE – DOUBLE FRONT SNAP DENIM JACKET ¥32,184(税込)

ヴィンテージのワークジャケットをベースに製作した『PINECONE』のデニムジャケット。インナーアイテムの身幅に合わせて留める位置を変えられるスナップボタンを採用し、幅広い着こなしを楽しめます。

また襟や袖裏のコーデュロイやシャンブレー生地のパイピング、内ポケットなど、妥協のない作り込みも見逃せないところ。

ウォルナッツ恵比寿店 – Kaz Higuchi
スタッフページを見る

ブランドの個性が存分に発揮されたデニムアウターが揃っていましたね。デニムの良さは、経年変化が楽しめるところにもあります。長年付き合えるものを、ぜひ今のうちに。

またFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

iOS/Android

TAG
SHARE ON