ファッション
2018/11/4 19:30

これから着たい「黒のコート」。ショップスタッフのオススメは?

やっぱり「黒」に惹かれてしまう

冬場の定番アウターといえばコート。様々なデザインやカラーリングのものが展開されていますが、シックで合わせやすいものを探しているなら、やはりブラックカラーが一番です。

そこで今回は、ショップスタッフ推薦の黒のコートをご紹介。ファッションのプロの審美眼が垣間見えるアイテムが揃いましたので、ぜひご覧ください!

あの名品をアップデート

 

normal_98593943-1

 

WOOLRICH – EDIFICE 別注 GORE-TEX ARCTIC PARKA ¥118,800(税込)

老舗アウトドアメーカー『WOOLRICH』に、EDIFICEが別注をかけて製作された一着。同ブランドを代表する名品アークティックパーカーにゴアテックスを落とし込み、より幅広いシーンで活躍するものにアップデートしています。

また、従来付属しているファーを取り除くことで、都会的で洗練された雰囲気に仕上げているのも◎ カジュアルはもちろん、スーツに合わせてもすんなり馴染んでくれますよ。

EDIFICE 京都店 – 井筒 佳祐
スタッフページを見る

ガウンとトレンチの融合

 

normal_98593943-1

 

STILL BY HAND – ガウントレンチシンサレートコート ¥43,200(税込)

『STILL BY HAND』のコートは、ガウンとトレンチ、両方の要素を取り入れたデザインが特徴的。優れた撥水性を持つ生地を採用しているため、少しの雨なら気にすることなく着用できるのも嬉しいですね。

デザイン性がありながらも、オールブラックのシックな佇まいによって、コーデに無理なく馴染んでくれる逸品。パッと見は寒そうですが、高機能中綿シンサレートを採用しているので、防寒性も上等です。

WEEKENDER SHOP – 芹澤 伸介
スタッフページを見る

無駄を削ぎ落としたルックス

 

normal_98593943-1

 

Melple – ダブルバルカラーコート ¥30,240(税込)

無駄を削ぎ落としたルックスが目を引く『Melple』のダブルバルカラーコート。生地には上品な光沢感と耐久性を備えたT/Cギャバジンを使用。コートにありがちな重苦しい印象を払拭しつつも、決して安っぽくは見えないデザインバランスが秀逸です。

また裏地にはキルティングを、台襟にはナイロンのフードを配し、機能面も考慮。カジュアルとドレス、双方の要素がミックスされた傑作です。

カジュアルにもドレスにも使えてしまう黒コート。一着持っておけばあらゆるシーンで役に立つことは明白です。これからの季節に備えて、おひとつどうでしょう?

またFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

iOS/Android

TAG
SHARE ON