ファッション
2018/11/20 20:30

「うちの渾身のニットはこれ!」ショップスタッフが薦める5枚は?

今年、ショップスタッフが推すニットって?

トレンドか、それとも定番か。両者で迷ったなら、とりあえず業界内の人の意見に耳を傾けてみましょう。

ということで今回は、ショップスタッフが考える「渾身のニット」をご紹介。「渾身の~」というだけあって、デザイン、着心地、文句なしのアイテムが揃いましたので、ぜひご覧ください。

人気絶頂のあのブランドに

 

normal_98593943-1

 

AURALEE×EDIFICE – 別注 スーパーファインウールリブ ¥41,040(税込)

人気絶頂ブランド『AURALEE』に、EDIFICEが別注をかけたニット。リブ編みにゆったりとしたシルエットが相まった、トレンド性を帯びたデザインが魅力的です。

カラー別注によって実現した色は、鮮やかなオレンジと落ちついたカーキ。ビビットなカラーにビビッときた方はぜひ。

EDIFICE丸ノ内 – 松原
スタッフページを見る

ミリタリーデザインを品良く

 

normal_98593943-1

 

LA BOUCLE – 5GG 3ply リョウアゼハイネックハーフZIP ¥17,280(税込)

ミリタリーのデザインを落とし込んだ『EDIFICE LA BOUCLE』のローゲージニット。しっかりと目の詰まった編み地で、着心地・保温性、共に良好の仕上がりです。

また肩の切り替え、エルボーパッチもポイント。このデザインは周りと被らないですよ。

EDIFICE LA BOUCLE (NEWoMan新宿店) – 松木 亮太
スタッフページを見る

職人の手によって

 

normal_98593943-1

 

comm.arch. – Hand Framed High-Neck P/O ¥29,160(税込)

『comm.arch.』のハイネックニットは、程よいゆとりのあるボックスシルエットが特徴的。ハンドフレーム(手横編み機)のみで職人が製作しているため、クオリティは折り紙付き。

肉厚かつ柔らかな質感の生地、どんなコーデにもハマる汎用性の高いデザインですので、一枚持っておいて損なんてことはないです。

WEEKENDER SHOP – 芹澤 伸介
スタッフページを見る

新進気鋭のブランドから

 

normal_98593943-1

 

K.ITO – ウール天竺カーディガン ¥21,600(税込)

2018AWに始動した新進ブランド『K.ITO』によるカーディガン。さらりと乾いた肌触りとふんわりとした肌触りを兼ね備えるウール天竺素材を用いて、カットソーの縫製で仕立てられています。

また、立ち上がった襟周りからなだらかな曲線を描く綺麗なシルエットや、運動性の高い袖付けなど、シンプルな中に数々の技巧が凝らされているのもポイント。

Euphonica – 井本 征志
スタッフページを見る

ヘビロテ使いにもしっかりと対応

 

normal_98593943-1

 

THE NERDYS – エルボーパッチ ハードコットンニット ¥30,240(税込)

上質なコットンを限界まで度詰めし、洗いをかけることで徹底的にタフに仕上げた『THE NERDYS』のニット。暖かくかつヘビロテ使いにも無理なく対応してくれる、なんとも頼もしい一枚です。

レザーのエルボーパッチも絶妙なアクセントになっていて◎ 綿100%なので、自宅でも洗えてしまいます。

Cedre Clothing Store(神戸・元町)
スタッフページを見る

トレンドを感じさせるもの、ブランドのセンスが随所に光っているもの、どれも個性のあるニットばかりでしたね。上記のアイテムさえ押さえておけば、今年のニット選びはもう悩む必要はないですよ。

またFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

iOS/Android

TAG
SHARE ON