ファッション
2018/11/25 17:00

12月の多彩なイベントに控えて。男なら絶対に持っておきたい「紺ブレ」3選

憧れの紺ブレ。

イベント事が多くなるこれからの時期、活躍必至なのが「紺ブレ」です。スラックス、チノ、デニム、なんでもござれな万能ジャケットは、男なら絶対に一着持っておくべし。

今回はショップスタッフがオススメする「紺ブレ」3着をご紹介。12月間近ということでクリスマスデートを見据えて、ぜひチェックを。

人気アイテムが続々入荷!FACYでアイテム購入はこちらから

全てにおいてこだわりを

 

normal_98593943-1

 

SOUTHWICK – 別注スクエアボタン ダブルブレスト ネイビーバスケット ¥106,920(税込)

ブルックスブラザーズなどのOEMを手がける、アメリカの名門ファクトリー『SOUTHWICK』。EDIFICE別注のブレザーは、ダブルブレストをスクエアボタンの仕様で仕上げているのがポイント。

通気性の良いバスケット生地を採用しており、通年使えるのが嬉しいところ。

EDIFICE TOKYO(渋谷店) – 五月女
スタッフページを見る

パリ発のブランドから

 

normal_98593943-1

 

LE LYS – ブレザージャケット ¥81,000(税込)

大人の色気を感じさせるエレガントなシルエットが魅力のパリ発ブランド『LE LYS』のブレザー。英国の老舗生地メーカー「FOX BROTHERS」の上質な生地を用いて作られたブレザーは、キメ細やかさ、肌触り、どれをとっても素晴らしい仕上がり。

デザインはアルニスをモチーフにしたフレンチスタイルの王道というのもまた良し。

EDIFICE丸ノ内 – 松原
スタッフページを見る

ブランドの遊び心を存分に

 

normal_98593943-1

 

Brena – Doroit Jacket ¥42,120(税込)

イタリア製カシミヤウールのフランネル生地を贅沢に用いた『Brena』のジャケット。普通のブレザーに見えつつ、段返りではない三つボタン、箱ポケットの胸ポケットなど、ブレザーにはない要素を取り入れているのが面白いところ。

今では希少とされる裁断から縫製まで一人の熟練職人により製作していく、いわゆる丸縫いで作られており、その綺麗なシルエットと圧倒的な着心地の良さはまさに極上。一着持っておくと安心できる逸品です。

羽織るだけでコーデがしっかりとまとまるのが紺ブレの魅力。困ったときは紺ブレ、これ鉄則です。

またFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

iOS/Android

TAG
SHARE ON