ファッション
2018/11/28 17:00

平日におすすめの戦闘靴。こんな5足はいかが?

それとなく過ごしたら、いつの間にか2018年も残るところおよそ1ヶ月。もう来年を見据えて、男の戦闘靴を確保しておいてもいい頃合いだとは思いませんか?

とはいえ、戦闘靴といってもサバゲーなどで使うゴツいものではなく、お仕事用・外出用の革靴です。

今回はFACYで提案された革靴の中から、編集部が気になるアイテムをピックアップしましたので、お探しの方はぜひ、ご参考にしてください。

トップバッターはあの別注

 

normal_98593943-1

 

PARABOOT – EDIFICE別注 CHAMBORD DRESSレザー ¥70,200(税込)

トップバッターを飾るのは、『PARABOOT』の代表作、CHAMBORDにEDIFICEが別注した一足。別注ポイントは、アッパーレザー。上品でしなやかなものを採用することで、カジュアル”アップ”な雰囲気をまとっています。カジュアルな革靴をお探しならば、これはドンピシャかと。

EDIFICE 京都店 – 井筒 佳祐
スタッフページを見る

アメトラきてるっぽいから、ちょうどいい

 

normal_98593943-1

 

CROCKETT&JONES – EDIFICE別注 THURLOE ¥86,400(税込)

次鋒、EDIFICEが復刻別注した『CROCKETT&JONES』のTHURLOE。アメトラの流れが来ている今、ちょうどいい一足が再誕してしまいました。「上品」の一言に尽きる、洗練されたフォルムと艶やかな光沢。たまらんですね。ビジカジの足元で履いていたら、洒脱者。

EDIFICE丸ノ内 – 松原
スタッフページを見る

内羽根ストレートでもちょっと違う

 

normal_98593943-1

 

JALAN SRIWIJAYA – ”98870 STRAIGHT TIP” ¥36,720(税込)

お次は、『JALAN SRIWIJAYA』の98870 STRAIGHT TIP。そうです、フォーマルシーンでお世話になる内羽根ストレートです。見た目は普通でも、明らかに違うのがアウトソール。ちょっと変わったハーフラバーになっており、ソールの減りを軽減してくれます。ちなみに、定番はダイナイトソールなんですけどね。

SECOURS – 林田浩一郎
スタッフページを見る

履き心地が良くて、足が離れようとしません

 

normal_98593943-1

 

Makers – REGINA ¥64,260(税込)

『Makers』のREGINAは、オンオフで使える外羽根プレーントゥ。アッパーに流通量の少ない稀少なベビーカーフを採用しており、とんでもないオーラをまとっています。アウトソールは消耗が少なく、滑りにくいオイルドベンズ。それに同ブランドオリジナルのラストが相まって、待っているのは極上の履き心地。一度足を入れたら、靴から足が出ようとしないです、きっと。

登山だっていける”ほどの”グリップ力

 

normal_98593943-1

 

SANDERS – MilitaryCap toe boots ¥57,240(税込)

トリを飾る『SANDERS』のMilitaryCap toe bootsは、9ホールのレースアップブーツ。ストレートチップとはちょっと違う、3本ステッチが入った表情のあるキャップトゥが魅力です。 ソールは同ブランドでお馴染みのITSHIDE社のコマンドソールを使用。登山だっていけちゃう”ほどの”グリップ力を持ってますよ。

iOS/Android

TAG
SHARE ON