ファッション
2018/11/27 20:30

今シーズンはアノラックに注目?ショップスタッフのおすすめ4着

アーバンアウトドアに欠かせないアイテムとして人気のアノラック(※)。今シーズンは90年代トレンドの影響でパーカーが大流行しているので、アノラックにもいつも以上に注目しておきたいところ。今回はショップスタッフのおすすめモデルを集めたので、ぜひチェックを。

※アウトドア用のウィンドブレーカー。プルオーバーのフード付きタイプが一般的。元はアラスカ先住民のイヌイットが着るアザラシ皮の上着だった。

RUE BEGANDのアノラック

 

normal_98593943-1

 

RUE BEGAND – チェックアノラックパーカー ¥38,880(税込)

「30年以上ハイブランドのクリエーションを務めたアトリエ・ダリアーヌが、2017年にスタートした『RUE BEGAND』。無地の多いアノラックでは珍しいチェック柄を採用しており、裏地のボアも良いアクセントになっています。とにかく1着でカッコいい&暖かいアノラックパーカーです。」

EDIFICE 京都店 – 井筒 佳祐
スタッフページを見る

BLUE BLUE JAPANのテゾメアノラック

 

normal_98593943-1

 

BLUE BLUE JAPAN – コットンスウェード テゾメアノラック ¥30,240(税込)

「コットンスウェードを採用した少し変わり種のアノラック。生地は手染めされており、雰囲気は抜群に良いです。シンプルなアイテムをあわせるだけで、スタイリングがまとまる一枚。」

fathomのパッチアノラック

 

normal_98593943-1

 

fathom – Patch Anorak Jacket ¥14,904(税込)

「ブランドロゴである浜辺で寝そべるギャルがワンポイントになった『fathom』のアノラック。雨にも強く、前ポケットに丸めて収納もできるのでコンパクトに持ち運びも可能です。まさにシンプル・イズ・ベスト。」

reyn spoonerのボアアノラック

 

normal_98593943-1

 

レインスプーナ – ボアアノラック ¥19,440(税込)

「ハワイアンシャツでお馴染み『reyn spooner』のJOURNAL STANDARD別注アイテム。保温性があり、裏は蒸れにくいメッシュ素材のため、レイヤードスタイルとも相性良し。無地だけでなく、お得意のハワイアンな柄展開もアリ。」

JOURNAL STANDARD 京都店 (Men’s)
スタッフページを見る

iOS/Android

TAG
SHARE ON