ファッション
2018/12/1 21:00

ビジカジ出勤だからこそ持っておきたい。オン・オフ履ける革靴

革靴は履くシーンが限定される?

ストレートチップはフォーマル、ローファーはカジュアルと、革靴はデザインでシーンが限定されます。しかし、最近ではオンでもローファーを履けるほど、足元のカジュアル度が上がってきました。

すなわち、オンオフで革靴を履き回しできるじゃんというわけです。もちろん、そのときしっかりと吟味しないといけませんが。

ということで今回は、ショップスタッフがおすすめする「オンオフ問わずに履ける革靴」をご紹介。スーツスタイルの足元もイケるであろうアイテムもありますので、ぜひご覧あれ。

過去のモデルを復刻

 

normal_98593943-1

 

CROCKETT&JONES – EDIFICE 別注 THURLOE スエードヴァンプローファー ¥75,600(税込)

英国靴を語る…いや革靴を語る上で欠かせない老舗『CROCKETT&JONES』。こちらはEDIFICE別注によって復刻した「THURLOE(サーロー)」。言わずもがなスペシャルな一足です。

ドレスシューズと言えばでお馴染みの同ブランドが作るヴァンプローファーだけあって、シーン問わず活躍してくれます。

EDIFICE 京都店 – 井筒 佳祐
スタッフページを見る

日本の職人技を凝縮

 

normal_98593943-1

 

FOOTSTOCK ORIGINAL – SERVICEMAN SHOES (IMPERIAL SOLE) ¥36,720(税込)

「foot the coacher」を手掛けるデザイナーが立ち上げた『FOOTSTOCK ORIGINAL』のサービスマンシューズ。ミリタリーブーツから着想したというインペリアルソールは、クッション性とグリップ力を兼ね備えたもの。悪路でも軽快な歩行を助けてくれます。

無骨な感じを残しつつ、綺麗なフォルムでビジカジの足元におすすめです。

大人カジュアルにも

 

normal_98593943-1

 

ALFREDOBANNISTER IN – 内羽根ストレートチップ ¥29,160(税込)

手染めでしか表現出来ないムラ感が魅力的な『ALFREDOBANNISTER IN』のストレートチップシューズ。極力ミニマルに仕上げることで、ビジネスシーンにも溶け込めるデザインにしたのが◎

フォーマルな場ではもちろんのこと、カジュアルスタイルを上品に仕上げるのにもうってつけ。イタリア製というのも高ポイントですね。

alfredoBANNISTER代官山店
スタッフページを見る

定番モデルをより品良く

 

normal_98593943-1

 

PARABOOT ×EDIFICE – 別注 CHAMBORD ¥70,200(税込)

フランスの老舗シューズブランド『PARABOOT』の定番モデルCHAMBORDを、EDIFICE別注によって上品にアップデート。アッパーにはオイルをたっぷりと染み込ませたリスレザーではなく、上品でしなやかなレザーを採用しています。

それにより、見た目はもう上品。ダブルステッチと相まって、いい表情していますね。スーツスタイルとの相性がより良くなったため、ちょっとリスレザーに距離を置いていた方はぜひ。

EDIFICE丸ノ内 – 松原
スタッフページを見る

コスパの良さに定評アリ

 

normal_98593943-1

 

JALAN SRIWIJAYA – プレーントゥダイナイトソールハイシャインレザーシューズ ¥36,720(税込)

『JALAN SRIWIJAYA』のプレーントゥシューズは、コスパのよろしい一足。アッパーはハイシャインレザーを使用し、上品な光沢を発しています。

またダイナイトソールを採用しているので、悪天候でも無理のない歩行が可能。最後にもう一回言いますが、これで3万円台はすごいんですよ。

WEEKENDER SHOP
ショップページ

オンオフ問わずに馴染んでくれて、かつ上質な革靴が勢揃いでしたね。気がついたらいつも履いているな…と思えるような一足を、是非このタイミングで手に入れておきましょう。

またFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

iOS/Android

TAG
SHARE ON