ファッション
2018/12/26 22:00

シャツ×コートのスタイルにプラスワン。プロ一押しの「カーディガン」5着

そろそろ何かを羽織りたいと考えている方に

この時期は決まってシャツとコートという方も、そろそろ防寒対策としてシャツの上に「なにか」羽織りたいところ。かといって、プルオーバーのニットやスウェットは自分のキャラじゃない…と思うなら、カーディガンを選んでみましょう。今回はシャツの上からさらっと羽織れるカーディガンたちをご紹介。ショップスタッフのオススメたちをぜひご覧ください。

人気アイテムが続々入荷!FACYでアイテム購入はこちらから

ボタンレスですっきりと

 

normal_98593943-1

 

STILL BY HAND – ウール ボタンレスカーディガン ¥19,440(税込)

ボタンレスのデザインがすっきりとした印象を与えてくれる『STILL BY HAND』のカーディガン。少し長めの着丈で、インナー使いはもちろん、一枚でも存在感のあるデザインに仕上がっているのがグッドです。また、前立て・ポケットなどには同じ糸をパイル状に編み立てたものを使用し、さりげなくアクセントに。品のあるグレーの色味はベーシックカラーのシャツとも好相性ですよ。

-EHS- Eight Hundred Ships
ショップページ

アメリカンムードを前面に

 

normal_98593943-1

 

PENDLETON – 別注 Harding柄カーディガン ¥19,440(税込)

「いつもと少し雰囲気を変えたい」というなら、ネイティブ柄やコンチョボタンなど、ネイティブアメリカンの要素を随所に取り入れた『PENDLETON』のWild Life Tailor別注カーディガンはいかが? 良い意味で粗野なラムウールの素材感も相まって、シャツの上から羽織るといつもよりも男らしい雰囲気に仕上げてくれます。

ADAM ET ROPE’ ミント神戸 HOMME
ショップページ

優しげな雰囲気

 

normal_98593943-1

 

crepuscule – Wholegarment Cardigan ¥20,520(税込)

ニットはとにかく着心地重視という方にオススメなのが、ホールガーメント製法で編み立てた『crepuscule』のカーディガン。無縫製で縫い目がないのに加え、柔らかなウール生地を使用しているので着心地はとにかくストレスフリー。また、ドロップショルダーなのでシャツと合わせても、かしこまった雰囲気にならないのが◎

あの名門生地メーカーの糸を使用

 

normal_98593943-1

 

EDIFICE – 16ゲージ Vネックカーディガン ¥16,200(税込)

イタリアの名門生地メーカー「ロロピアーナ」の糸を使用した『EDIFICE』のハイゲージカーディガン。上品な生地の光沢と発色、またシャープなシルエットによって、EDIFICEらしい洗練した大人の雰囲気を演出してくれます。言わずもがなシャツとの相性は抜群。ビジネスシーンにも難なく馴染んでくれます。

EDIFICE 新宿店
ショップページ

カーディガンには珍しい

 

normal_98593943-1

 

HOLLYWOOD RANCH MARKET – ボアフリース ラグランカーディガン ブラック ¥14,040(税込)

トレンド感のあるボアフリース素材を使用した『HOLLYWOOD RANCH MARKET』のカーディガン。スタイリングをマイルドに見せてくれるフリースカーディガンは定番のオックスだけでなく、デニムシャツやネルシャツなどカジュアルシャツにもハマるのが嬉しいところ。ラグランスリーブで、動きやすさを考慮した点も◎

外と中の寒暖差が激しいこの時期、シャツ×コートスタイルが好きならミッドレイヤーとしてカーディガンは最適です。インナーとしてもかさばりにくく、コートのシルエットも崩さないのでぜひ一枚ご検討してみては?

またFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

iOS/Android

TAG
SHARE ON