ファッション
2019/2/24 17:30

春先の大本命アイテム。この時期から活躍する「春らしいカラーのシャツ」4枚

春を先取りするシャツ

まだまだ、気温が低く、春夏のアイテムを着て外には出れません。「でも気分はもう春だ!」なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなときオススメなのが、色で春らしさを演出することです。これであれば、この時期からでも無理なく実践可能。ということで今回は春らしいカラーのシャツをご紹介。シャツは春先の大本命アイテムですが、今からでもインナーとして活躍するので、この時期に手に入れるのがオススメ。

人気アイテムが続々入荷!FACYでアイテム購入はこちらから

パンツを選ばないボックスカット

 

normal_98593943-1

 

ADAM ET ROPE’ HOMME – バンドカラーアソートシャツ ¥13,500(税込)

春らしいピンクのストライプが目を引く『ADAM ET ROPE』のバンドカラーシャツ。大きくなり過ぎないコンパクトなシルエットを採用しており、トップスとしてはもちろん、インナーとしても扱いやすいです。

裾がボックスカットになっているので、ジャケット感覚で取り入れられるのも良いですね。アイスウォッシュのデニムパンツとの相性が良さそう。ちなみに19SSはスーツからの流れでストライプ柄がホット。ぜひお見知りおきを。

ADAM ET ROPE’ 広島パルコHOMME
スタッフページを見る

注目のブランド

 

normal_98593943-1

 

WESTOVERALLS  – DENIM SHIRTS ¥21,600(税込)

ウエスタンシャツのディテールを随所にあしらった『WESTOVERALLS』の定番デニムシャツ。オーバーサイズで仕上げることによりトレンド感を演出できるのはもちろん、シャツ特有の堅苦しさが無うので気負いなく羽織れます。

ラフなアイテムだからこそ、あえてドレスアップしてコーディネートしても面白いです。新鋭ブランドながら、服好きの間で話題となっているブランド。要注目ですよ。

WEEKENDER SHOP – 芹澤 伸介
スタッフページを見る

コストパフォーマンスにも注目

 

normal_98593943-1

 

SECOURS – SECOURS×Kamakura 120双糸ギンガムチェックB.D.シャツ ¥9,612(税込)

高級なドレスシャツなどに用いられる120双糸の生地を使用した『SECOURS』と『鎌倉シャツ』のコラボアイテムです。鮮やかなギンガムチェエック柄をあしらっており、コーディネートの差し色に最適です。

ウエストをシェイプしたドレス仕様のBDシャツ。男ならこういうアイテムを一枚は持っておきたいですね。

SECOURS – 林田浩一郎
スタッフページを見る

カッチリした印象を払拭

 

normal_98593943-1

 

EDIFICE – レーヨンツイルバンドカラーシャツ ¥12,960(税込)

滑らかな着心地と美しいドレープが魅力のレーヨン生地を使用した『EDIFICE』のバンドカラーシャツ。カッチリとした印象になりがちな白シャツですが、バンドカラーとレーヨン生地を採用することでリラックス感のある印象に仕上げています。

上品なスタイリングにハマりそうな一枚。タックインして着用してとことんクリーンなコーディネートに仕上げてもOK。

EDIFICE LA BOUCLE (NEWoMan新宿店) – 松木 亮太
スタッフページを見る

今時期から、こんな春カラーのシャツをさらりとコーディネートに取り入れていたら、お洒落ですよね。周りに差をつけたい方、一足先に春を先取りしてみてはいかがでしょうか。

またFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

iOS/Android

TAG
SHARE ON