ファッション
2019/3/8 15:00

「それ、どこの?」あのブランドのようで、じゃないスリッポンがイケてます

聞き慣れないブランドに手を出すのはこわい

スニーカーの好みはさまざま。ただ、合わせやすさを最優先するなら、やはりシンプルなローテク系のスニーカーが自然なチョイスになるかと。ブランドでいえば、VANS、CONVERSEあたり。

逆に言うと、その2ブランドが偉大すぎるのか、他の選択肢が意外とない。あったとしても、聞き慣れないブランドだと不安を覚えるのが世の常、人の常。

それなら、「VANSやCONVERSEでデザインディレクターを務めた人が立ち上げたブランド」と聞けば、どうでしょう? 少なくとも、過去履きつぶしたVANSのシューズを捨てられないほどの“VANSラバー”の筆者は興味津々です。

 

名だたるブランドを渡り歩いたキャリア

normal_13ed57eb

大阪 STUDYSHOWROOM STORE の樋口氏が紹介してくれたのは、『CLEAR WEATHER』のスリッポン。CLEAR WEATHER は、 名だたるブランドでデザインディレクターを務めたBRANDONとJOSH兄弟によって2014年に設立されたブランド。20年以上に渡ってスニーカー界を渡り歩いてきた人たちが手がけるとなれば、クオリティは大いに期待できます。

その一つ「DOODS」は、シンプルなアッパーに同色スエードのオーリーガードが非常にクール。ちなみにオーリーガードとは、スケートボードのトリックのひとつ「オーリー」のために補強した部位のこと。足の側面でデッキを擦り上げる動作をするため、側面が磨耗しやすいんです。スケート豆知識ですね。

とはいえ、機能性だけでなく、デザイン上のアクセントとしても効いています。むしろ、無地のスリッポンより大人っぽい印象。

 

「それ、どこの?」

normal_9c83b244

もちろん「VANS OF THE WALL」の文字はそこにはなく、謎めいた雰囲気のヒールパッチが鎮座しています。ネイティブアメリカンの象形文字でClear Weather という意味だそう。よく見るそれより抽象的なので目を引きますね(案外こういうところが購入の決め手だったり)。「それ、どこの?」は必至でしょう。

デザインとしてまずイケているのはもちろんですが、スケートカルチャーをはじめとするストリートシーンへの目配せも感じられる点がCLEAR WEATHERの魅力かと。VANSももちろんいいですが、何かプラスアルファが欲しい方はぜひ同ブランドの一足を早めにチェックしてみては?

気になる方は「STUDYSHOWROOM STORE」の樋口氏までお気軽にメッセージをどうぞ。ちなみに鮮やかなオレンジ色も展開。

 

STUDYSHOWROOM STORE

住所:大阪市中央区南船場3-2-6 農林会館ビル 【409号室】

TAG
SHARE ON