ファッション
2019/5/13 20:30

オンオフ兼用できるお洒落ポロシャツ3枚。スラックスもチノパンもイケます

「これからの季節に役立つ、オンオフ問わず着ることのできるポロシャツを探しています。(jgmpgtmさん/27歳 )」

暖かくなってきたゆえ半袖のアイテムもそろそろ目星を付けておきたい。ビジネスシーンでの着用も想定するなら、Tシャツではラフすぎる。そんな時はポロシャツの出番です。

とはいえ、そもそもポロシャツがチノパンなどと相性がいいのは周知の事実。問題はビジネス寄りのキレイめのスラックスにも合わせられるかどうかです。はたしてプロのショップスタッフのオススメはいかに?

スマートな襟型がポイント

EDIFICE – COOLMAX カノコ カッタウェイ ポロシャツ ¥10,260(税込)

いわゆるポロシャツにおじさん臭さを感じてしまう方は、現代的にアレンジされたものを選ぶのが吉。コチラはポロシャツでよくある胸元のロゴを省き、襟型にカッタウェイ(襟の開きがほぼ180度まで開いたタイプ)を採用したのがポイントです。

カッタウェイはノータイ時でも映えるとされ、Yシャツでは近年取り入れられることの多い襟型。ゆえにスラックスはもちろん、ジャケットに合わせたってサマになります。他にブラック、ホワイト、ブラウンとカラー展開も充実しているのでお好みをどうぞ。

上品さで選ぶならニットポロで

FRED PERRY×EDIFICE – 別注 SOLOカルゼニットライクポロ ¥14,580(税込)

上品さに重きを置くならニットポロも視野に入れたいところ。ただ、ニットは取り扱いに気を使うのが面倒。EDIFICEが『FRED PERRY』に別注した一着は、ひと工夫施した生地によってニットの煩わしさを解消しました。

生地にブレンドされているのは、速乾性、形態安定性を兼ね備えた機能糸「SOLOTEX」。よって余計な気遣いをする必要は一切ナシ。「Tシャツ感覚で着用可能」とショップスタッフも語る自信作です。ニットポロならではのエレガントな雰囲気は、ワンランク上のビジカジスタイルを演出してくれますよ。

EDIFICE 博多店 – SHINO
スタッフページを見る

定番だって進化しています

Brooks Brothers – 別注 パフォーマンスポロシャツ S/SL ¥9,720(税込)

「やっぱり王道のポロシャツも捨てがたい」なら、アメトラの礎を築いた『Brooks Brothers』の定番ポロはどうでしょう。胸元のロゴはEDIFICE別注の“フレンチブルー”にアレンジしているので、同ブランドの通常のポロよりちょっとキレイめに仕上がっているのもいい。

パフォーマンストリートメントという特殊な処理によって、洗濯時の襟元ヨレや身頃の毛羽立ちが起こりにくいのもポイント。キレイな表情が持続できるのであれば、画像のようにスラックスだって安心して合わせられます。迷うようなら、進化に余念がない定番をまずはお試しあれ。

FACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

iOS/Android

TAG
SHARE ON