ファッション
2019/5/20 22:15

シンプルをちょい捻り。プロが選ぶちょうどいいスニーカー3選

「意外と何でも合うよっていう合わせやすいスニーカーありますか? (koki00さん /  男性 / 和歌山県)」

合わせやすいスニーカーの筆頭といえば、コンバースやヴァンズなどの定番どころ。長く支持されているモデルはやはりコーディネートに取り入れた際の安心感が違います。

ただ、たまにはひと味違う一足を履きたくなるのもまた人情。合わせやすさを犠牲にせずに、ちょっと捻った一足ってないものか?ショップスタッフが紹介してくれた中から3足ピックアップしてみました。

新進ブランドながらレトロなルックスがいい

 

normal_98593943-1

 

ADAM ET ROPE’ HOMME – 【S.W.C】 DELLOW CANVAS ¥14,040(税込)

日々使いやすいのは、シンプルなキャンバス地のスニーカー。ただ、メジャーなブランドを選んでしまうと、街中で被る可能性が高まるのが気になるところ。イギリス発の新進ブランド『S.W.C』の一足なら、その心配も不要です。

新しいブランドは得てして主張の強いデザインでアピールしがちですが、こちらは全く奇をてらったところがない。厚めに設計されたアウトソールがほんのりトレンド感を醸す程度。先取りしておくならこのタイミングでどうぞ。

ADAM ET ROPE’ 名古屋パルコ HOMME
スタッフページを見る

ひと味違うとはこのことです

 

normal_98593943-1

 

SLACK – LIBERIO ¥11,664(税込)

スニーカーはキャンバスよりレザー派。そんな方がちょっと捻った一足を選ぶなら『SLACK』のLIBERIOをどうぞ。「あれ、何かが違うけど、何が違う?」と思わず二度見したくもなる一足。

実は外羽根を比翼仕立てにして、さりげなくシューレースの根元を隠しているんです。どこかモードな雰囲気さえ漂うのはこのディテールゆえ。デニムはもちろん、キレイなスラックスとも合わせられる一足をお探しであればぜひ。

フランスコンビのスペシャルな一足

 

normal_98593943-1

 

EDIFICE×SPRING COURT – スプリングコート別注 G2 ヘビーツイル ¥15,120(税込)

気取らないラフさと上品さの両立。なおかつそこにスパイスを一振り。EDIFICE別注の『SPRING COURT』がそんなワガママも叶えます。フランス発の同ブランドにフレンチシックを標榜するEDIFICEが別注を依頼するのはいわば必然か。

上品なルックスはそのままに通常よりも肉厚なヘビーツイルへ変更。よりガシガシ使えるようになったのはうれしいところです。アウトソールの通気孔により通気性にも定評あるゆえ、これからの時期もしっかり活躍してくれますよ。

FACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

iOS/Android

TAG
SHARE ON