ファッション
2019/6/2 10:00

夏こそ取り入れたい「柄シャツ」。思い切り攻めるための4着

ショーツに無地のTシャツ、というスタイルも潔くてかっこいいけど、たまには柄シャツも着たくなるもの。そして、どうせ着るならありきたりな柄ではなく、個性的にいきたいところ。とはいえ、直感で選ぶのはちょっと怖いので、まずはショップスタッフのおすすめを聞いてから、吟味しましょう。選ばれたのは、こんな4着でした。

1.和×サッカーの新鮮な化学反応

 

normal_98593943-1

 

PSG TOKYO – アロハシャツ ¥15,120(税込)

ネイマールやエムバペを擁するサッカークラブ「パリ サンジェルマン」の日本限定展開アイテム。日本の伝統的なアロハシャツにフットボール柄をあしらった、唯一無二の仕上がりで「今年はアロハシャツが気になるけど、いかにもなボタニカル柄はちょっと…」なんて方におすすめ。シルエットや色使いはあくまでオーセンティックなので、着回しやすさも申し分なしです。

EDIFICE TOKYO – 五月女
スタッフページを見る

2.こう見えてフリーハンドなんです

 

normal_98593943-1

 

Masako Noguchi ×ADAM ET ROPE’ – 半袖シャツ ¥17,280(税込)

テキスタイルデザイナー・野口 真彩子氏によるグラフィックをあしらったシャツ。実はこの柄、手書きで描かれたもので、よく見れば微妙なムラや擦れが随所に。これがオーソドックスな柄とはまた違う、暖かみある印象を生み出します。色使いも涼しげで、真夏の到来が待ち遠しくなるほど。ショーツとレザーサンダルで大人らしくキメたい一着。

ADAM ET ROPE’ 広島パルコHOMME
スタッフページを見る

3.“ナード”には堪らない遊び心

 

normal_98593943-1

 

THE NERDYS – WOODY SHIRTS ¥19,440(税込)

『THE NERDYS』は、その名の通り、ちょっぴりギーク(=オタク)で、気の利いたアイテムを手がけるブランド。そのシャツは、オレンジとグリーンをベースカラーにした、アメリカンヴィンテージのマドラスチェックがあしらわれた一着。胸元にはファッションアイコンとしても有名なウディ・アレン監督を模した刺繍が入り、シルエットは過去のブルックスブラザーズのものを参考にするなど、映画好き・服好きなら確実にグッとくるディテールにも注目です。

4.個性派柄シャツの究極系

 

normal_98593943-1

 

NOiSE CRAFT – s/s Punk 百虎シャツ ¥27,000(税込)

「インパクトがないとつまらない!」という上級者には『NOiSE CRAFT』のシャツを。渦巻いたトラやカミソリなどのモチーフが散りばめられた、パンキッシュな一着です。柄使いこそ攻撃的ですが、レーヨン素材を採用した、適度なゆったりシルエットのボディは体型を選ばない仕上がり。カラーリングも激しすぎず、ただ個性的なだけにとどまっていないのがミソです。

「なんかコーディネートが物足りない」という日に活躍してくれる柄シャツ。一枚ではもちろん、半袖TシャツやロンTの上からレイヤードしたりと、幅広く取り入れてみてください!

FACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

iOS/Android

TAG
SHARE ON