ファッション
2019/6/27 20:30

ショップスタッフ一押し!今季のおすすめサングラス4本

夏の小物の大本命であるサングラス。

アイウェアは第一印象にかかわるアイテム。だからこそ慎重にアイテム選びをしていきたいところ。その一環でまずトレンドを把握しておくのが重要。一目で時代遅れなんて思われたら、ちょっと恥ずかしいので。そこで今回はショップスタッフに聞いた「今季オススメのサングラス」をご紹介していきます。

万能選手

 

normal_98593943-1

 

EYEVOL – IOOSS 2 ¥18,360(税込)

まずは、シーンを選ばずにかけられる『EYEVOL』のサングラスを。テンプルの内側にラバーを配しているためブレにくく、ランニングやカバディなど、アクティブシーンにも対応できます。

ウェリントンとボストンの中間のようなフレームデザインで、癖がなくかけやすいのもポイント。スポーツマンにはとくにおすすめです。

注目の眼鏡ブランド

 

normal_98593943-1

 

BLANC.. – B0016 SUN ¥27,000(税込)

続いて、モードにカッコよく決めるのであれば『BLANC』のサングラスがオススメです。コンパクトなサイズ感のオーバルシェイプに、厚めのリム、セミフラットレンズを採用し、よりモード感を加速させた一本です。

ロンドンコレクションのランウェイで使用されるなど、世界的にも高い評価を受ける注目ブランド。生産はメガネ作りの本場、鯖江で行われておりクオリティーも文句なしです。

差がつく一本

 

normal_98593943-1

 

A.D.S.R. – BONA ¥20,520(税込)

流行りのカラーレンズで、差をつけるなら『A.D.S.R』のサングラスがオススメです。中々見かけることのない強めのカラーを採用したこちらのモデルは、夏の陽気ぴったり。

形は、クラシカルなボストンシェイプ。大きすぎず小さすぎないサイズ感がこれまた絶妙です。令和初の夏、今年は少し攻めてみても良いのでは。

風合いの良い一本

 

normal_98593943-1

 

kearny – WELLINGTON ¥32,400(税込)

最後は、眼鏡の産地、福井県鯖江市で生産を行う本格派ブランド『kearny』のサングラスを。オーソドックスなウェリントンに少し丸みを加えた型を採用し、無難で終わらぬように生地に厚みをとりインパクトのある面構えに。今年旬なクリアフレーム、ぜひこの機会に。

他人の印象は3〜5秒で決まると言われています。アイウェアのせいで印象が最悪…なんてことにならないよう、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

またFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

iOS/Android

TAG
SHARE ON