ファッション
2019/7/24 17:00

「この夏、何を着ればいいですか?」→ おしゃれのプロが選んだのは、今っぽいショーツ3品

「夏は何を着ればいいですか?」

今年の梅雨はやけに長いですが、「きっと夏は来る」。「真っ白な馬に乗った王子様」かどうかは定かではありませんが、それでも夏は来ます!

ということで今回は、「夏は何を着ればいい?」という問いに答えてくれたショップスタッフの提案アイテムを紹介。やはり集まったのは夏の代名詞、短パン。特におすすめを3品をピックアップしました。

1.「化繊系のショーツがいいよ!」
→ NIKEのボードショーツ

 

normal_98593943-1

 

A1.「今季、スポーツミックスブームの中で特にオススメのアイテムなのが化繊系のショーツです。(…)ナイロンなどの化繊のショーツは撥水性などの機能性の高さはもちろん、スポーティさを感じる生地感は、Tシャツ1枚のシンプルなスタイリングでも一味変わった印象になります」(EDIFICE TOKYO/渋谷)

インスタでも洒落た人達がよく穿いているなーと思ったら、やはりそういった流れがある模様。たしかに、ここ数年は機能性を求める傾向にありますね。より快適に、よりシンプルに。ナイキには珍しい縦スウッシュが実に洒落ています。

EDIFICE TOKYO – 五月女
スタッフページを見る

2.「合わせやすいデザインで」
→ FUJITOのバミューダショーツ

 

normal_98593943-1

 

A2.「シンプルでどんなコーディネートにも合わせやすいデザイン。夏はオーバーサイズのTシャツとキャップなどでラフなスタイルがおすすめです」(WEEKENDER SHOP/蔵前)

こちらはちょっと違う視点。たしかにアイビールックな一枚は使い勝手がいい。シルエットは今っぽく、ゆったりめ。Tシャツなどを合わせたラフなスタイルの提案ですが、これならシャツをタックインしてもOK。うーん、マンダム。

WEEKENDER SHOP – 芹澤 伸介
スタッフページを見る

3.「やっぱりグラミチっしょ」
→ GRAMICCIのナイロンショーツ

 

normal_98593943-1

 

A3.「とりあえずグラミチは間違いないです!」(EDIFICE 博多店)

はい!おっしゃるとおりです!毎年お世話になっています!こちらはEDIFICE別注によって生まれた水陸両用。ポケッタブル仕様なので旅行にも打って付け。前述したトレンド性も併せ持ち、 まさに「間違いない」一枚。

EDIFICE 博多店 – SHINO
スタッフページを見る
TAG
SHARE ON