ファッション
2019/9/12 17:00

秋は重めの足元がちょうどいい? オールブラックのスニーカーをご紹介

秋の足元はあえての重め。

落ち着きのある季節には、少し重めのカラーくらいがよく合います。普段なら「足元には軽さのある白」を選びがちな人も、秋くらいは「重さのある黒」を選んでみてはいかがでしょう。今回は全身真っ黒なオールブラックのスニーカーを集めたので、秋の足元を探している方はぜひご参考にどうぞ。

1.HOKA ONE ONEのBONDI 6

 

normal_98593943-1

 

HOKA ONE ONE  – BONDI 6 ¥22,680(税込)

ハイブランドとはまた違う文脈で、巷のダッドスニーカーブームを盛り上げた功労者である〈HOKA ONE ONE〉のBONDI 6。今ではいろいろなカラバリが展開されていますが、やはり定番はこのオールブラックモデル。独特のボリュームがあるミッドソールで履き心地もすこぶる良好。間違いなく、今季のオールブラックスニーカーの最適解の一つです。

2.MOONSTAR×BLUE BLUEのジムコート

 

normal_98593943-1

 

MOONSTAR・BLUE BLUE – リップストップ ジムコートシューズ ブラック ¥16,740(税込)

今季、注目したいのが〈MOONSTAR〉×〈BLUE BLUE〉のコラボスニーカー。ベースは1960年代に生産されていたトレーニングシューズ「ジムコート」。インラインでも展開されているモデルですが、コラボではアッパーにコットンナイロンのリップストップを採用し、オールブラック仕様にチェンジ。どこかミリタリーを感じさせる雰囲気が良きです。

3.SLACKのENWRAP

 

normal_98593943-1

 

SLACK – ENWRAP ¥15,984(税込)

〈SLACK〉の新作 ENWRAPは、「足を包み込むようなワンピース的なスニーカー」を目指して作られたスニーカー。アッパーの甲部分は一枚革で袋状に覆われた特徴的なデザインで、足当たりも非常にソフト。癖があるかと思いきや、履いてみると意外と馴染みます。とりあえず、一回試着してみるのオススメします。

気になるアイテムは会員登録の上、各店へお問い合わせを。「スタッフに質問する」ボタンからはサイズ感などの相談も可能です。秋のスタートダッシュを切るために失敗のないようショッピングを楽しんでください!

TAG
SHARE ON